川崎哲のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界のNGOは平和的解決を求めている(声明集)

<<   作成日時 : 2006/10/11 09:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

核実験に対する国際NGOの反応を紹介します。
(1)韓国「平和ネットワーク」の声明(日本語訳、10月9日)
(2)韓国「参与連帯」の声明(英語訳、10月9日)
(3)GPPAC(武力紛争予防のためのグローバル・パートナーシップ)がオランダで開催中の国際運営会議において採択した声明(日本語訳、10月10日)
(4)フランス平和運動(Mouvement de la Paix)の声明(英語、10月9日、実験前)
(5)グリーンピース
(6)原子力資料情報室
(7)平和市長会議

-------------------------------------------------------
(1)
緊急声明 核実験に対して強く遺憾の意を表する
関連当事国の問題解決にむけた努力を求める

 北朝鮮がついに核実験を強行した。10月9日「朝鮮中央通信」の報道を通じて「核実験を成功裡に進めた」と発表した。私たちは去る3日の「核実験計画宣言」にあたり、「核実験強行」は問題解決に何ら役に立たず、状況を統制不可能な危機局面にかりたてるだけだと警告した。それにもかかわらず、北朝鮮が核実験を強行したことに対して強く遺憾の意を表する。

 まず、私たちは朝鮮半島にあらゆる核兵器を絶対に受け入れることができないことを明らかにしておく。これには南北朝鮮とアメリカのいずれの国の核兵器も例外ではない。北朝鮮政府が 「核抑制力」という選択を通じて自分の意志を貫徹し体制の安全を保障されようとすることは、朝鮮韓半島非核化に対する民族的合意と国際社会の熱望に正面から反するものだ。また、北朝鮮が公言しているようなアメリカに対する「自衛的国防力」 確保が現実的にできるかどうかについても疑問だ。なによりも、北朝鮮の行動は朝鮮半島全体の平和を抵当に、体制の安全を保障されようという二律背反的な行動に他ならない。

 北朝鮮政府は10月3日、外務省スポークスマンが声明で明らかにしたように 「対話と交渉を通じて朝鮮半島の非核化を実現しようとする原則的立場には変わりがない」のなら、そして「朝鮮半島非核化を必ず実現するために積極的に努力する」のなら、これ以上状況を破局にすすめていく行動をしてはならないだろう。非核化に対する公言を実践で示さなければならないだろう。

 また、私たちは北朝鮮の核実験を災いとして韓国政府と関連当事国たちが対北制裁一辺倒で対処しようとする動きに対しても強く憂慮を表明する。特にブッシュ行政府に対して、既存の対北無視・圧迫政策を切り替え、北朝鮮と真摯な態度で対話に出ることを要求する。

 事態がここまで至ったことは、ブッシュ行政府が主導してきた対北圧迫制裁政策に起因するところが大きい。このような状況下で、アメリカや日本政府が追加的な対北圧迫と制裁を推進することは、問題解決の意志があってのことなのか疑問である。

 ブッシュ行政府が問題解決に対する政治意志を持っているのなら、この間の対北政策の失敗を認めて北朝鮮と真摯な対話に出なければならないだろう。そうしなければ、アメリカが北朝鮮核問題を利用してミサイル防御(MD)と韓米同盟再編を通じた軍拡をはかっているという不信を増幅させるだろう。さらに事態が危機局面に向かうことになれば、ブッシュ行政府もそれに対する責任を負わなければならないだろう。

 また、韓国政府に対しては冷静で一貫した対応を求める。今真っ先になされなければならないことは、北朝鮮の自制とアメリカの対北政策の転換だ。対北制裁と金鋼山観光・開城工団中断要求などの対北強硬論に押され「対北警告メッセージ」のみを発信することは、問題解決になんら役に立たない。韓国政府はブッシュ行政府に、どんな形であれ北朝鮮と対話に出るよう積極的に説得をしなければならないだろう。

 核問題の平和的解決と朝鮮半島非核化は私たちが絶対に譲歩することができない原則であり、民族的生存のための他の選択の余地はない。政界の一部で「北朝鮮核実験事態」を政争の道具として悪用しようとしていることは、民族の生存を売って私利私欲を満たそうとする行動に過ぎない。今は政派的利害関係と私利私欲を捨てて危機を機会に切り替えるための知恵を集めなければならない時であることをもう一度強調する。

 政府と政界、市民社会は、どんな場合にも核問題の平和的解決と朝鮮半島非核化の原則を毀損する行為を煽動したりそれに同調してはならないだろう。どんな場合にも軍事的オプション、あるいはそれに準じた措置は受け入れられない。核問題の平和的、外交的解決の道がたとえ困難であっても、我が民族の生存のための唯一の選択肢であることを肝に銘じなければならないだろう。

2006年10月9日 平和ネットワーク
http://www.peaceasia.org/

-------------------------------------------------------
(2)
We Strongly Denounce the North Korea's Nuclear Test

[Statement] It was reported on October 9 that North Korea finally enforced its decision to conduct a nuclear test. We strongly condemn North Korea's action which is likely to endanger the lives and safety of the people on the Korean Peninsula.

The North Korean Central News Agency(KCNA) announced that "the nuclear test has been safely conducted under ground." It argued, therefore, North Korea has come to retain 'strong self-defense capabilities' and, "the test will contribute to keep the peace and stability of the Korean Peninsula and neighboring area." However, since the test exposes Koreans to the disastrous nuclear threat, this act utterly opposes the peace and stability in Northeast Asia, and severely degrades the spirit of the 1992 Joint Declaration of the Denuclearization of the Korean Peninsula and the 'North-South Joint Declaration of June 15.' Moreover, the test also creates a confrontational atmosphere politically and militarily in the region. It will lead to unintended consequences that differ from North Korea’s long-term wish to retain self-defense capabilities or deterrence. We warn that North Korea's attitude may cause other neighboring countries to beef up their military and will eventually end up threatening the stability of the Korean Peninsula including North Korea.

We firmly oppose and condemn North Korea's military adventurism to be a 'nuclear power,' and to take advantage of this position as a negotiation card by holding the Koreans' safety as hostage. The nuclear test is unacceptable. North Korea must immediately give up its nuclear weapons.

On the other hand, because of North Korea's nuclear test we have entered a new chapter where we can no longer ignore North Korea's possession of nuclear weapons. In this sense, we need to face the reality that the Bush administration’s malicious ignorance, exclusion, and lack of response to North Korea provided North Korea with the excuse of the nuclear test. The past proceedings show that if the U.S. continues in this manner, North Korea is more likely to cause higher levels of tension. If the U.S. repeats these mistakes, the Korean Peninsula will enter upon an unpredictable phase of crisis.

The deepening crisis and conflicts on the Korean Peninsula is a failure of diplomacy of the 6 party attendants and the international community, and the consequence will directly affect the Korean people. Therefore, we need to examine calmly and thoroughly how to solve the crisis on the Korean Peninsula. We need to manage this crisis brought by North Korea's nuclear test peacefully and engage in reasonable dialogue to come up with a substantial solution. The 6 party member states including two Koreas and the U.S. should take responsibility to solve this crisis together and make a joint effort to make North Korea give up its nuclear weapons and achieve permanent peace in Northeast Asia.

http://www.peoplepower21.org/

-------------------------------------------------------
(3)
朝鮮半島における核危機の平和的解決を求めるGPPAC−緊急声明


 10月9日午前、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は核実験を実施したと発
表しました。

 平和構築と紛争予防における新しい国際的合意を形成するため、世界のNGOが
主導するネットワーク「武力紛争予防のためのグローバルパートナーシップ(GPPAC)」
として、私たちはこの核実験に強く抗議します。

 核実験は周辺住民の生命を著しく脅かすとともに、北朝鮮による核保有は、朝
鮮半島、日本、そして東アジア、ひいては世界全体に対する深刻な脅威をもたら
します。また同時に核不拡散条約(NPT)違反の行為でもあります。

 北朝鮮はさらなる核実験や核兵器開発の一切を即時中止し、核兵器計画の完全
放棄すべきです。同時に、関係諸国のDPRKに対する対話を欠いた一方的な圧力外
交や敵視政策に対しても見直しを求めます。そして、この地域に残存する冷戦構
造により軍事的圧力がかえって核危機を悪化させ、朝鮮半島における武力紛争を
誘発する可能性をはらんでいることを訴えます。
 
 私たちは、米中韓日ロの政府に対し、昨年9月の六カ国共同声明の原則、すなわ
ち、DPRKが核を放棄すると共に日米がDPRKの安全を保証し国交正常化と経済協力
への努力を行うという包括的枠組を土台とした、六カ国協議の再開へ最大限の努
力払うことを求めます。また国連事務総長および安保理 そして全ての政府に対
して、あらゆるチャンネルを使った六カ国協議再開への力強い支援を求めます。
 
 一方、現在の核保有国が核軍縮交渉を誠実に行い完結するという国際合意を遵守
していない事実を鑑み、私たちは、すべての核 保有国に対して核廃絶へ向けた
具体的行動を求めると同時に、北朝鮮の核実験を口実に、周辺国がNPTに違反し、
地域と世界の安全を脅かす核保有を画策する動きに対しても強く反対します。
 
 そして、私たちは、GPPACのネットワークに参加するNGOおよびその国際事務局と
して、各地のパートナーとの連帯を誓かうとともに、核危機の平和的解決のため
に、国連、各国政府とともに、東北アジア地域の市民社会と協力し、紛争予防体
制を創出し強化していきます。

2006年10月10日

GPPAC国際事務局及び地域代表

-------------------------------------------------------
(4)
Faced with provocation, let us remain cool-headed and relaunch
disarmament!

The DPRK has just realised its first nuclear test, thereby confirming
its threats several times uttered since it announced its withdrawal
from the Non-Proliferation Treaty in 2003.
This is very alarming!
The answer chosen by the DPRK face to the permanent threat the Bush's
policy constitutes in its view is irresponsible. It is the worst
possible for the Korean people and peoples worldwide.

This announcement comes confirming that the strategy of permanent
strain and suspicion orchestrated by the United States cannot but
result in a more dangerous world.
The proliferation of countries who have the capacity 撲r sometimes
seek it- to get atomic weapons is a very serious danger for the
present and future. Being both strategic and political weapons,
nuclear weapons unfortunately appear today as the only means to be
recognised as a power that matters and to ensure a kind of security
provided by the fear one fills others with. Isn't it the argument
employed by de jure nuclear weapons states?

The UN Security Council and the international community as a whole
must remain cool-headed. Anyone embarking on strikes ・even supposedly
targeted ・would be as culprit as North Korea of foolishly escalating
a situation with indeterminate outcome.
The North Korean people, already victim of a terrible dictatorship,
must not pay for its leaders' policy. The Korean people's security
must be guaranteed, as well as peoples' around.

We must urgently relaunch the international disarmament process! The
only way to counter nuclear proliferation is disarmament. Means to
verify it are up to scratch. The Non-Proliferation Treaty must be
fully enforced, included its Article VI which requires nuclear powers
to commit themselves to disarmament.

French parliamentarians will vote on a Defense budget that includes
programmes to refurbish French nuclear arsenal. France must be
audacious and send tangibles signals. It should freeze its programmes,
give up its own modernisation, and undertake to convene a 4th special
session for disarmament at the United Nations dedicated to complete
nuclear disarmament.

-------------------------------------------------------
(5)グリーンピースのプレスリリースへのリンク
http://www.greenpeace.or.jp/press/releases/pr20061009_html

-------------------------------------------------------
(6)原子力資料情報室の声明へのリンク
http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=426

-------------------------------------------------------
(7)平和市長会議の抗議文へのリンク
http://www.mayorsforpeace.org/jp/topic/list/20.htm
http://www.mayorsforpeace.org/jp/topic/list/19.htm


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界のNGOは平和的解決を求めている(声明集) 川崎哲のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる