川崎哲のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS [2017.5] 武力の威嚇と行使

<<   作成日時 : 2017/05/06 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 被団協新聞の2017年5月号に寄せた連載コラム(非核水夫の海上通信)を紹介します。

武力の威嚇と行使
 アサド政権が化学兵器を使用したとして米国はシリアにサイル攻撃を行った。国際法に完全に違反する行為だ。
 国連憲章は2条で加盟国による武力の威嚇と行使を原則禁止している。その上で国連の集団的軍事行動と自衛権発動の場合を例外としている。今回はどちらにも当たらない。
 本来、化学兵器の使用が疑われた場合は化学兵器禁止機関による査察を進めるのが筋だ。最終手段で軍事行動をとるのなら、国連安保理決議を通さなければならない。かつてイラク戦争を強行したブッシュ政権でさえ、安保理決議を通すことを試みはした。トランプ政権はその試みもせず、一気に軍事行動に出た。
 翻って日本国憲法9条は、武力の威嚇や行使を「永久に放棄」している。だが今や日本は武力を基軸とした米外交を全面支援しているのが現実だ。(川崎哲、ピースボート)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
朝鮮半島危機,福岡の2団体とパグウオッシュ会議が声明
4/22の「戦争法反対運動が『戦争そのもの』への反対を強めないのは奇妙だ」と題する記事で,朝鮮半島危機についての市民運動の役割について書きました.それから20日ほどして,「言葉」だけの範囲ではありますが,福岡の2グループが5月3日に,1日遅れて4日にパグウオッシュ会議が声明を発表しました.(前2者には当ブロガーも参加)応援のクリック歓迎 5/2 さし迫る戦争の勃発をとめよう     (原発もミサイルもいらない 9条を活かす九州ネットワーク) 5/3 声明「朝鮮半島における危機回避と戦争反対の... ...続きを見る
ペガサス・ブログ版
2017/05/06 12:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
[2017.5] 武力の威嚇と行使 川崎哲のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる