アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「憲法9条」のブログ記事

みんなの「憲法9条」ブログ

タイトル 日 時
PARC自由学校2017で「安保法制と積極的平和主義」についてお話しします
PARC自由学校2017で「安保法制と積極的平和主義」についてお話しします  アジア太平洋資料センター(PARC)が開催している「PARC自由学校」の2017年度のプログラムで、「安保法制と積極的平和主義」をテーマにした講義を一度行います。「現代社会を知るための10のキーワード」というシリーズで、私が担当するのは11月1日(水)の夜です。タイトルは「積極的平和主義〜実際には何をしようということなの?」。詳細や申込はこちらから。締切は5月9日(火)とのことです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/03/19 22:06
「国のために命を落とす」のは美しいことではない
「国のために命を落とす」のは美しいことではない  昨年末、安倍首相が真珠湾を訪問しオバマ大統領と共に慰霊の式典を行いました。このとき共同通信から電話インタビューを求められて、いろいろな話をさせてもらったのですが、結局のところ、以下のようなコメントとなって配信されました。12月28日付の北海道新聞、京都新聞、静岡新聞(それぞれ夕刊)などに掲載されたようです。英語ではThe Japan Timesなどにも引用されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/10 23:51
安保法「成立」一年、反対運動の今後の課題についてインタビューに答えました
安保法「成立」一年、反対運動の今後の課題についてインタビューに答えました  9月19日の安保法「成立」一年にあたり、共同通信が昨年反対運動に取り組んでいた人たちの視点をまとめるという記事を作られ、その中で私もインタビューを受けました。私は、憲法解釈は変えられ、集団的自衛権は行使が可能となり、日本の自衛隊が活動できる範囲は危険なまでに拡大されてしまったとはいえ、反対運動の声の大きさやその過程で作られた法制度上の諸条件を使うことで、この法制を発動させないことはできるということを強調しました。そうしたところ、総がかり行動実行委員会の高田健さん、SEALDsの元山仁士郎さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/30 10:06
安保法「成立」一年にあたり、集団的自衛権問題研究会の代表として声明を出しました
安保法「成立」一年にあたり、集団的自衛権問題研究会の代表として声明を出しました  9月19日の安保関連法「成立」1年にあたり、集団的自衛権問題研究会の代表として以下の声明を発表しましたので、ご案内します。 成立から一年で問う 安保法制で「平和」は近づいたのか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/21 08:41
日本平和学会「安保法制100の論点」の英語版(15の論点)が出ています
日本平和学会「安保法制100の論点」の英語版(15の論点)が出ています  昨年9月につくられた安保法制に対して日本平和学会では「安保法制100の論点」という形で、その問題点を包括的に論じる情報発信を行ってきました。このたびその英語版がつくられ、100の中でもとくに国際的な発信の必要性がある15の論点が選ばれ、「Fifteen Points of Concern on Japan's New National Security Laws」という形でウェブ掲載が始まっています(こちらから)。私もそのうち2つの論点を担当しました(論点24(武器輸出、ODA軍事化との関連)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/09 08:45
日本平和学会ニューズレター巻頭言「戦争と平和の線引き――改憲論と平和学者の課題」
日本平和学会ニューズレター巻頭言「戦争と平和の線引き――改憲論と平和学者の課題」  このたび日本平和学会のニューズレターの巻頭言を書かせていただく機会を得ましたので、「戦争と平和の線引き――改憲論と平和学者の課題」 と題する小文を寄せました。こちらからどうぞ(第22巻第2号 2016年8月20日)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/05 07:28
安保法施行にあたって「安保法の発動を抑え、現実を見据えた議論を」
安保法施行にあたって「安保法の発動を抑え、現実を見据えた議論を」  3月29日の安保法施行にあたり、集団的自衛権問題研究会の代表として「安保法の発動を抑え、現実を見据えた議論を」と題する声明を出しました。こちらからご覧になれます。「現実を見据えた議論を」と、あえて打ち出しました。安全保障の議論では、たいてい、軍事強化路線が「現実的」と呼ばれます。しかし本当にそうなのでしょうか。日米安保を強化すれば抑止力が高まるという考え方は、今日の文脈においては、果たして現実的といえますか。また、積極的平和主義と称して日本の自衛隊が南スーダンで武器を用いた警護業務を行って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/03 23:20
「9条生かす道こそ現実的」−共同通信のインタビュー・シリーズ「平和考」に登場させてもらいました
「9条生かす道こそ現実的」−共同通信のインタビュー・シリーズ「平和考」に登場させてもらいました  共同通信が今年1月から始めているシリーズ「平和考」の一環で、長いインタビューを受け、その記事が2月26日から3月にかけ、全国のいろいろな新聞に掲載されました。この「平和考」シリーズは、安保法制が昨年成立したことを受け、議論をそこで終わらせるのではなく、世界の中の日本と平和についての議論を深めようという趣旨で月に2回、長編インタビューの連載の形をとっているものです。  私のインタビューには「9条生かす道こそ現実的」という題が付けられており、1ページの半分くらいを占める長い記事ではありますが... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/11 23:39
南スーダンで「紛争は起きていない」という謎の政府見解…集団的自衛権問題研究会のニュースを発行しました
南スーダンで「紛争は起きていない」という謎の政府見解…集団的自衛権問題研究会のニュースを発行しました  集団的自衛権問題研究会では、昨年安保法制の国会審議の際には国会の議論の様子をモニターして速報配信しておりました。その後しばらくニュースの対外発信をお休みしていましたが、このたび「News & Review」の発行を再開しました。2月25日に発行した「集団的自衛権問題研究会News & Review」第11号では、以下の通り、南スーダンPKOに関わる諸問題を特集しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 10:34
ベルギーの平和団体が発行する雑誌にインタビューされました
ベルギーの平和団体が発行する雑誌にインタビューされました  ベルギーのVREDE.BEという平和団体が発行するオランダ語の隔月の雑誌『VREDE』からインタビューされ、同誌の2015年11・12月号の巻頭に5ページにわたる記事が出ました。安保法制、憲法9条問題、米軍基地、米国との関係、アジア諸国との関係、核兵器をめぐる日本の政策、福島と原発再稼働、安倍政権、反対派と市民運動の現状等々です。インタビュアーが日本とアジアの状況について非常に詳しくフォローしている方でしたので、かなり突っ込んだ話になりました。オランダ語なので私は読めないのですが、きっと確... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/11 11:59
12/8公開研究会「検証・南スーダンPKO −安保法制でどうなるー」
12/8公開研究会「検証・南スーダンPKO −安保法制でどうなるー」  来る12月8日(火)、集団的自衛権問題研究会で公開研究会「検証・南スーダンPKO −安保法制でどうなるー」を開催します。立教大学の米川正子先生と共に報告と問題提起をさせていただきます。ふるってご参加ください。詳細及び申込先は下記をご覧ください。(本研究会での発表プレゼンテーションをこちらにアップしました) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/30 22:40
11〜12月の講演予定:核兵器問題や安保法制についてお話しします
11〜12月の講演予定:核兵器問題や安保法制についてお話しします  11月から12月にかけては、以下のような機会にお話をさせていただきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/15 19:55
10/16、SEALDs TOHOKU@東北大学「これからの民主主義と安全保障」についてお話しします
10/16、SEALDs TOHOKU@東北大学「これからの民主主義と安全保障」についてお話しします  来る10月16日(金)午後6時から、SEALDs TOHOKU×東北大学教職員有志の共催による緊急シンポジウムにゲストとして呼ばれました。場所は東北大学・川内南キャンパスで、テーマは「これからの民主主義と安全保障について」。楽しみです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/27 18:53
9/24夜8:30〜ロフトラジオで話します。テーマは「核をなくし戦争を止める」
9/24夜8:30〜ロフトラジオで話します。テーマは「核をなくし戦争を止める」  このたび、ロフトラジオでお話しする機会をいただきました。9月24日(木)夜8:30〜10:00、テーマは「核をなくし戦争を止める」での生放送です。ライブハウス・ロフト創業者の平野悠さんが声をかけてくださいました。平野さんにいろいろと突っ込まれながら私がしている様々な活動の話をさせていただくことになると思います。ちょっと聴いてみていただければありがたいです(ロフトラジオについてはこちらから。)  放送はアーカイブでこちらから聴くことができます(29分くらいから) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/23 23:43
日本平和学会:安保法制「100の論点」を発表しています
日本平和学会:安保法制「100の論点」を発表しています  日本平和学会が、ホームページ上で「安保法制100の論点」を発表しています。まだ100の原稿が全部そろっていないのですが、日々続々と更新しており、かなり100に近づきました。どうぞご覧の上、ご活用ください。私も平和学会の会員で企画委員のはしくれとして、この「100の論点」の企画と運営に参画をしております。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/12 19:01
民主主義の大きな危機−安保法制に関して北海道新聞にインタビュー記事が掲載されました
民主主義の大きな危機−安保法制に関して北海道新聞にインタビュー記事が掲載されました  「民主主義の大きな危機」と題して、8月18日付の北海道新聞に私のインタビュー記事が掲載されました。「安保法制 私は言いたい」というシリーズの一つです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/21 07:41
「記憶の共有をめざして 第二次世界大戦終結70周年を迎えて」
「記憶の共有をめざして 第二次世界大戦終結70周年を迎えて」  安倍首相の戦後70年談話が大きな話題となっているさなかですが、戦後70年というテーマで最近まとめられた南山大学地域研究センター・共同研究シリーズの「記憶の共有をめざして 第二次世界大戦終結70周年を迎えて」(川島正樹編・行路社)をご紹介させてください。これは2012〜14年にかけて南山大学のアメリカ研究センター長、川島正樹教授が中心となって進められてきた研究会活動の記録に基づいた書籍で、同テーマのもとに全21章にわたる論考が掲載されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/15 22:49
「"戦争行きたくない"は利己主義」発言について、北海道新聞にコメントが引用されました
「"戦争行きたくない"は利己主義」発言について、北海道新聞にコメントが引用されました  このたび自民党の武藤貴也衆議院議員が安全保障法制に関連し、ツイッターに「(学生による安保法制反対のデモが)『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考えに基づく。利己的個人主義がここまでまん延したのは戦後教育のせいだろうと思うが、非常に残念だ」と書き込みをした問題について、北海道新聞の取材を受け、コメントしました。紙面には  研究者や非政府組織(NGO)関係者らでつくる集団的自衛権問題研究会の川崎哲代表は「集団の利益を優先させ個人を押し殺すことが人権侵害を容認してきた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/05 15:40
(紹介)安保法制や核兵器問題に関するメディアへの投稿やコメントなど
(紹介)安保法制や核兵器問題に関するメディアへの投稿やコメントなど  この間、安保法制や核兵器問題に関して、いろいろなメディアに投稿したりインタビューを受けたりしました。紹介します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/02 09:53
安保法制に関してBBC等のラジオ・インタビューでお話ししました
安保法制に関してBBC等のラジオ・インタビューでお話ししました  日本の国会における安保法制の審議とそれに対する反対運動の高まりは、世界的にも関心が寄せられています。このたびBBC World Serviceのラジオ取材を受け、そこでお話しした内容が、以下の通り、BBC World Service, FSRN, DWなどで放送されています。私は、反対運動を展開する平和団体の立場から、この安保法制は日本の戦後平和主義を根本的に転換させるもので、東アジアの軍拡競争を誘発する危険性が高いこと、領土問題や地域の脅威に対しては冷静で平和的な解決策を見いだすべきであるこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/30 08:31
「朝まで生テレビ」でいただいたご批判に反論します。長文ごめんなさい
「朝まで生テレビ」でいただいたご批判に反論します。長文ごめんなさい  7月24日深夜、「朝まで生テレビ! in 広島」に出演し、核廃絶や安保法制について議論しました。視聴され感想を寄せてくださった皆さま、ありがとうございます。  夜から朝までの長い番組という印象に反して、実際は3時間、つまりシンポジウム一回分くらいの長さです。その中に10人のパネリストがいました。時間は限られていました。  私の発言のいくつかに対して、パネリストの何人かからご批判や反発を受けました。その中には、私の発言を遮るような形でなされたものもありました。そのため、十分に説明や反論をでき... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 81 / トラックバック 2 / コメント 158

2015/07/26 17:42
明日(7月24日)の深夜、「朝まで生テレビ」に出演します:激論!広島で問う!日本の戦争と平和
明日(7月24日)の深夜、「朝まで生テレビ」に出演します:激論!広島で問う!日本の戦争と平和  明日7月24日(金)深夜1:45〜、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」に出演することになりました。  テーマは「激論!広島で問う!日本の戦争と平和」ということで、広島からの全国放送となります(広島ホームテレビ45周年記念なのだそうです)。  被爆70年、広島と核廃絶、安保関連法案・・・といったことがテーマになります。ふだん考えまた活動していることをしっかりと発信していきたいと思いますが、さて、どの程度できるか。皆さまどうぞ、視聴、応援をよろしくお願いします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2015/07/23 10:33
「世界」8月号:「核兵器禁止条約へ 持たない国の挑戦」/安全保障法制の焦点(3)
「世界」8月号:「核兵器禁止条約へ 持たない国の挑戦」/安全保障法制の焦点(3)  本日(7月8日)に発売となった岩波書店『世界』8月号は、安保法案と核兵器に関する二大特集をしています。  「核なき世界への展望」特集のなかでは、私は「核兵器禁止条約へ 『持たない国』の挑戦」と題する拙論を寄港しています。昨年12月の核の非人道性に関するウィーン会議から今年4〜5月の核不拡散条約(NPT)再検討会議までの動きを概観して、非保有国が主導する核兵器禁止条約への動きを展望しました。昨年夏に出た拙著『核兵器を禁止する』(岩波ブックレット)と合わせて読んでいただけると、この間の動きと今後... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/08 10:31
維新「独自案」 法案の修正ではなく、閣議決定の見直しを
維新「独自案」 法案の修正ではなく、閣議決定の見直しを  安保法制に関して7月3日に維新の党が国会に示した同党の「独自案」が議論を呼んでいます。事実上の「対案」の提示として、与党との修正協議に入ると報道されています。  これについて私は集団的自衛権問題研究会代表として「法案の修正ではなく、閣議決定の見直しを」と題するコメントを7月2日に発表したところ、有り難いことに大きな反響があり、2日間で1700件超の「いいね!」をいただきました。私のポイントは、維新が出している案は政府案の根幹部分を否定するものであるから、議論は深めるべきであるけれども、それは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/05 12:01
岩波『世界』7月号に安保法制の「論点」(続編)/集団的自衛権問題研究会では国会審議をモニターし速報
岩波『世界』7月号に安保法制の「論点」(続編)/集団的自衛権問題研究会では国会審議をモニターし速報  安保法制の国会審議が非常に重要な局面を迎えています。集団的自衛権問題研究会では、岩波書店『世界』7月号に、前号に引き続き「安全保障法制の焦点」と題する論点整理を発表しています。詳しくはこちらをご覧ください。また、同研究会では、News&Reviewの特別版として、速報発行体制で、国会審議をモニターして発表しています。 ★集団的自衛権問題研究会News&Review 【特別版】(速報版メルマガ形式)国会審議後速報配信中! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/12 17:10
安保法制で「抑止力が高まる」という嘘について
安保法制で「抑止力が高まる」という嘘について  安保法制により「抑止力が高まり日本はより戦争に巻き込まれなくる。攻撃を受けなくなる」という主張がある。安倍首相らが記者会見等で繰り返してきたフレーズだ。でもこれには何の根拠もない。虚偽と言ってよい。なぜか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 1

2015/06/09 18:58
安保法制審議 佐藤丙午さんと紙上で論争 なし崩しの「海外派兵」であり、危険だ。政府は信用できない
安保法制審議 佐藤丙午さんと紙上で論争 なし崩しの「海外派兵」であり、危険だ。政府は信用できない  6月1日付の岩手日報、愛媛新聞、宮崎日日新聞に、共同通信配信の記事で、国会での安保法制の審議とりわけ「海外派兵」をめぐる論点について、私の視点と、拓殖大学の佐藤丙午教授の視点が併記される形での記事が出ました。私は、今の法制は、なし崩し的な「海外派兵」の拡大を生むものであり政府の説明の姿勢はきわめて不十分、不誠実であると述べました。対する佐藤教授は、法的な枠を広げても、実際にどこまでやるかはその都度政策的に限定し、自衛隊員のリスクについては装備や運用によって軽減をすればよいのであって、政府の姿勢... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2015/06/09 17:56
「米国寄り 高まるリスク」 安保法制に関し毎日新聞にコメントが掲載されました
「米国寄り 高まるリスク」 安保法制に関し毎日新聞にコメントが掲載されました  今朝(6月2日)の毎日新聞に、安保法制に関して「米国寄り 高まるリスク」と題する拙論が掲載されましたので、ご案内します。  この安保法制が「米軍支援恒久化法」であること、軍事力で世界をおさえつけようとする米国と一体視されることは日本に対する敵意とテロの危険さえ高めること、安倍政権の外交には対話の姿勢がみられないこと、軍事力に頼る政策は(イラク侵攻が結果的にイスラム国を生んだように)暴力の連鎖を生むこと、日本の平和憲法は本来それとは異なる「武力によらずに平和をつくる」という価値を内包しており世... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/02 09:20
いろいろなところで講演します −核兵器問題、そして安保法制問題
いろいろなところで講演します −核兵器問題、そして安保法制問題  これから数カ月間、いろいろなところで講演をさせていただく機会があります。一方で、今まさに核不拡散条約(NPT)再検討会議が進むなか、核兵器禁止への動きがどのように展開されていくのかという問題。これは拙著『核兵器を禁止する』(岩波ブックレット)もご参照いただければと思います。  他方で、集団的自衛権の行使を認める閣議決定を実行に移すための「安保関連法制」の国会審議が始まろうという中で、この動きがはらむ問題。それぞれに大事な、そして困難な問題であるわけですが、この機会にできる限り多くの方とお... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/16 16:04
集団的自衛権問題研究会のウェブサイトを一新しました−−「安保法制」の争点を分析、解説
集団的自衛権問題研究会のウェブサイトを一新しました−−「安保法制」の争点を分析、解説  集団的自衛権の行使を認める閣議決定を実行に移す「安保関連法制」が昨日閣議決定され、これから国会審議が始まります。昨年より「集団的自衛権問題研究会」を立ち上げ研究、分析、発信、提言などの活動をしてきましたが、この機会に同研究会のウェブサイトを一新し、読みやすくしました。こちらです。  同研究会では、現在発売されている岩波書店『世界』6月号に「安全保障法制の焦点」と題して、批判的な見地からの論点整理を行っています。また、研究会のNews&Review最新号では、新日米ガイドラインの問題点を包括的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/15 09:54
平和学の超入門書、「学生のためのピース・ノート 2」のご紹介
平和学の超入門書、「学生のためのピース・ノート 2」のご紹介  平和学の超入門書といえる「学生のためのピース・ノート2」が恵泉女学園大学の堀芳枝さんの編著により、出版されました。同大学の教員の方々が中心に執筆をしておられ、私は「第8章 アジア人、地球人として平和をつくる」という一章を執筆しました。その内容は、ピースボートの活動(地球大学や、GPPAC東北アジアのことなど)をまとめています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/04 10:44
明日(4/5)は多摩で、4/7は日弁連の東京集会で、集団的自衛権と安保法制の問題についてお話しします
明日(4/5)は多摩で、4/7は日弁連の東京集会で、集団的自衛権と安保法制の問題についてお話しします  明日(4月5日(日))は「戦争いらない多摩市民連合」の集会で、集団的自衛権の行使を認める安保関連法制の問題点についてお話しします。13:30から、ベルブ永山3階講座室にて。(当日のプレゼンテーションはこちらから)  続く4月7日(火)は、日本弁護士連合会主催の「日本はどこに向かうのか 〜集団的自衛権の行使容認に反対する全国キャラバン東京集会〜」にて、リレートークの一環でお話しします。同集会のチラシは以下の通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/04 11:17
安保法制は「自衛」をはるかに超えた米軍協力法制だ
安保法制は「自衛」をはるかに超えた米軍協力法制だ  3月20日の安保関連法制に関する与党合意について共同通信からコメントを求められましたので、これは「自衛超えた米軍協力法制」であると指摘しました。このコメントが、3月21日付の神奈川新聞では「論説・特報」欄に掲載されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/22 17:16
本日、集団的自衛権と安保法制について「市民憲法講座」でお話しします(18:30〜文京区民センター)
本日、集団的自衛権と安保法制について「市民憲法講座」でお話しします(18:30〜文京区民センター)  昨日、集団的自衛権行使を認める閣議決定に基づいた「安保関連法制」の基本方針について与党が合意しました。あまりにも短い期間で「合意」の結論ありきの"協議"が行われ、歯止めについては何ら具体化されていません。今回の法制は「米軍恒久支援法制」ともいうべきもので、日本の"自衛"をはるかに超えています。集団的自衛権行使容認の方向性を打ち出した昨年5月の記者会見で安倍首相は子どもを抱えるお母さんの絵を示し「国民の命を守る」ためと強調しました。しかし、ふたを開けてみれば何のことはない、要するにいつでもどこで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/21 06:44
集団的自衛権「歯止めかける論議を」 神奈川新聞にインタビュー記事が掲載されました
集団的自衛権「歯止めかける論議を」 神奈川新聞にインタビュー記事が掲載されました  去る3月2日付の神奈川新聞「論説・特報」面に、「時代の正体/集団的自衛権考」として「歯止めかける論議を」と題する私のインタビュー記事が大きな扱いで掲載されました。記事はこちらから読むことができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/06 15:14
「人質事件」「邦人保護」を自衛隊海外派兵や憲法改定の口実にしてはならない
「人質事件」「邦人保護」を自衛隊海外派兵や憲法改定の口実にしてはならない  「イスラム国(IS)」による日本人人質事件は痛ましい結末を迎えてしまいました。この問題から私たちが考えなければならないことは、本当にたくさんあります。今日ここで多くを論ずるつもりはありませんが、私はまず、今回の政府の対応が厳しく検証されなければならないと考えます。それは、政府・首相が中東諸国への「支援」を決定し表明したあり方はもちろん、日本人の人質事件が発生した昨年の夏以来半年近くにわたる過程を含むものです。今回の人質事件に関して日本政府は「なす術が(ほとんど)なかった」というのが実態に近いの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/17 17:00
★動画と資料公開★(2/17)集団的自衛権問題研究会「安保関連法制の争点を探る」
★動画と資料公開★(2/17)集団的自衛権問題研究会「安保関連法制の争点を探る」  集団的自衛権問題研究会では、明日2月17日(火)夜に東京・文京シビックセンターで公開研究会を開催します。詳細は以下の通りです。動画と報告資料がこちらから見られます(↓) http://shudantekijieiken.blogspot.jp/2015/02/217.html ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/16 18:15
安保関連法制の問題点
安保関連法制の問題点  通常国会が始まりました。今国会で最大の問題といえる集団的自衛権の行使を法制化する一連の安保関連法制について、昨日、国会議員会館内の集会でお話ししました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/27 09:13
核兵器廃絶と平和憲法 各地で講演をさせていただきます
核兵器廃絶と平和憲法 各地で講演をさせていただきます  今年は戦後70年そして被爆70年ということで、核や平和問題への関心が高まっていると感じます。昨年末頃から、いろいろなメディアの問い合わせを受けることが増えています。年始から、いろいろな場で講演や報告をする機会を多くいただいています。核の非人道性から核兵器禁止条約への動きと、平和憲法と集団的自衛権・安保関連法制に関わる動き。この2つのテーマで、以下のような機会でお話をさせていただきます。  (核兵器禁止条約への動きについては先の投稿を、平和憲法と集団的自衛権・安保関連法制については、年始に集団... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/18 13:47
東アジアで平和主義を立て直す
東アジアで平和主義を立て直す  韓国の国家戦略研究所(Korea National Strategy Institute)というシンクタンクのジャーナルに「東アジアで平和主義を立て直す(Reclaiming Pacifism in East Asia)」と題する文章(英文)をピースボートの同僚セリーヌ・ナオリとの共著で投稿しました。日本における集団的自衛権の行使容認、東アジアでの軍備競争の動きに警鐘を鳴らし、東アジアに共通の平和ビジョンが必要であること、そのために日本の平和憲法9条を地域で活用すべきことを説いています。こ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/21 14:08
ハンギョレ釜山国際シンポジウムに参加しました。日本の憲法9条を東アジアで生かそうという話をしました
ハンギョレ釜山国際シンポジウムに参加しました。日本の憲法9条を東アジアで生かそうという話をしました  去る11月19〜20日、韓国ハンギョレ新聞社の統一文化財団と釜山市の共催による第10回ハンギョレ釜山国際シンポジウムが「アジアは新しいアジアを主導できるか」というテーマで開催されました。私はセッション1「歴史と言説の観点からみた東アジア100年の平和概念」における日本からの報告者としてご招待をいただき、「東アジアの平和のビジョンと日本の役割」というテーマで発表をさせていただきました。武力紛争予防のためのグローバル・パートナーシップ(GPPAC)やグローバル9条キャンペーンの活動経験を踏まえ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/24 12:34
平和憲法の危機に平和学はどう向き合うか
平和憲法の危機に平和学はどう向き合うか  日本平和学会のオンライン「平和フォーラム」に「平和憲法の危機に平和学はどう向き合うか」と題する拙文を寄せました。集団的自衛権問題で何か寄稿するようにとのことだったのですが、集団的自衛権そのものについてというより、今の集団的自衛権をめぐる状況について何を考え何を論ずるべきかということを、主に研究者や活動者に向けて書きました。ご笑覧下さい。 平和憲法の危機に平和学はどう向き合うか 川崎哲 (2014.11.11) http://psaj2014.jimdo.com/forum/b-1/ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/11 12:40
「日本がアメリカの戦争に巻き込まれる」のか、「厄介な日本にアメリカが巻き込まれる」のか
「日本がアメリカの戦争に巻き込まれる」のか、「厄介な日本にアメリカが巻き込まれる」のか  昨日、集団的自衛権問題研究会のNews&Review第4号を発行しました。沖縄知事選挙の特集、ならびに、日米ガイド欄関連の分析記事を載せています(News & Review第4号はこちら)。  私は、「ワシントンを揺さぶる『日本リスク』」と題する拙文を寄稿しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/02 23:03
「The Diplomat」に日本の集団的自衛権の閣議決定に関する批判的論考が掲載されました
「The Diplomat」に日本の集団的自衛権の閣議決定に関する批判的論考が掲載されました  アジア太平洋の国際問題の専門オンライン雑誌「The Diplomat」に、このたび、「日本の集団的自衛権に関する決定がもたらすもの(Japan’s Decision on Collective Self-Defense in Context)」と題する拙論が掲載されました。私と、ピースボートの同僚セリーヌ・ナオリの共著によるものです。  英語ですが、ぜひご一読いただき、周りにもFacebookやツイッターで広めていただければ幸いです。 Japan’s Decision on Collect... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/03 22:07
集団的自衛権問題研究会「News & Review」を月刊で発行しています
集団的自衛権問題研究会「News & Review」を月刊で発行しています  この5月、集団的自衛権の行使容認を求める安保法制懇の報告書が出されたことをきっかけに、研究者、NGO関係者、ジャーナリストなど有志が集まって「集団的自衛権問題研究会」を立ち上げ、活動を続けています。本当は、閣議決定までにもっと時間があるだろう、その間に、批判的な観点からの論点をしっかりと提示して、国民的な議論を深める一助にしたいとの思いがありました。しかし閣議決定はあっという間に強行されてしまいました。それでも、これから日米防衛ガイドラインや関連法の審議のなかで、まだまだ言わなければならないこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/07 14:20
「平和憲法と集団的自衛権」と題して講演しました
「平和憲法と集団的自衛権」と題して講演しました  昨8月22日、自治労広島県本部の「2014夏期学習会」にて「平和憲法と集団的自衛権」と題して講演をしました。集団的自衛権問題研究会として、岩波『世界』7月号と8月号に続けて「集団的自衛権 事実と論点」を発表したことを機に、講演の機会を得ました。講演に使ったプレゼンテーションはこちらですが、今後、集団的自衛権問題に特化して整理したプレゼンを作る必要があるなあと思い始めています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/23 14:20
[2014.8] ジャパン・ハンドラー
 被団協新聞の連載コラム(非核水夫の海上通信)、8月号に以下の文章を寄せました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/15 17:30
[2014.7] 政府が勝手に憲法改定
 被団協新聞の連載コラム(非核水夫の海上通信)、7月号に以下の文章を寄せました。6月下旬に執筆したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/18 08:38
歯止めがないし、説明にもなっていない−集団的自衛権をめぐる国会審議についてコメントしました
歯止めがないし、説明にもなっていない−集団的自衛権をめぐる国会審議についてコメントしました  去る7月14〜15日に国会で集団的自衛権問題に関する集中審議がありました。審議初日の夕方に、共同通信の取材を受けたのでコメントしました。その記事が全国の地方紙向けに配信され、7月15日付の南日本新聞等に「不安払拭されぬ−識者の見た集団的自衛権審議」「歯止めの曖昧さ指摘」という見出して掲載されたようです。私は次のようなことを述べました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/17 10:22
集団的自衛権の行使を容認する閣議決定にあたって 〜考えなければならない3つのこと
集団的自衛権の行使を容認する閣議決定にあたって 〜考えなければならない3つのこと 集団的自衛権の行使を容認する閣議決定にあたって 〜考えなければならない3つのこと ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 1

2014/07/02 23:52
[2014.6] 暴走する安倍政権 世界のリスクと見られていないか
 被団協新聞の連載コラム(非核水夫の海上通信)、6月号に以下の文章を寄せました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/22 13:40
集団的自衛権容認に待った!日本は憲法9条の考えを世界に輸出していくべき−第三文明の記事
 「第三文明」6月号に掲載されたインタビュー記事「日本は憲法9条の考えを世界に輸出していくべき」がWEB第三文明で全文読むことができます。こちらから。この第三文明の編集部も含め、創価学会の皆さんは憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認には強く反対しておられるという印象を受けます。公明党は安易に妥協すべきでない、平和の党というのならば徹底的に踏ん張るべきだと思います。集団的自衛権の行使を認めてしまえば、憲法9条の価値がほとんど無になるといってもよい。しかもそれを、憲法の下で憲法を守るべき政府が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/22 01:07
集団的自衛権問題研究会を立ち上げました−『世界』7月号の「6つの論点」をご覧ください
 安倍政権は、集団的自衛権の行使を認めるための閣議決定を行う、そして早ければ今国会中(あと10日間)にも閣議決定を行いたいとの意向を強めています。安保法制懇の報告書が出て首相が基本的方向性を示してから、まだ1カ月しか経っておらず、与党協議も始まったばかりです。そもそも閣議決定によって憲法の解釈を変更するということ自体が重大な問題をはらんでいます。しかも、これは平和憲法の根幹部分を大転換させようという企てであり、性急な閣議決定が許されるものではありません。国会においても、国民各層においても、幅... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/06/12 07:44
『Q&Aで読む日本軍事入門』が出ます
 まもなく吉川弘文館から前田哲男・飯島滋明両先生の編による『Q&Aで読む日本軍事入門』が出版されます。憲法9条、自衛隊、集団的自衛権など、日本と世界の軍事・安保に関わる基本事項を、キーワードによるQ&A方式で解説していく分かりやすい入門書です。しかも、平和を志向する視点から編集されている、たいへん価値ある軍事入門です。私も、核問題を中心に、いくつかのキーワードを担当させていただきました。  集団的自衛権問題で、今まさに日本の安保・防衛政策が根本から問われています。本書は昨年から準備されていたも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/04 14:47
揺れる日本の平和主義−アルジャジーラ(英語版)に安倍首相による解釈改憲に対する批判論説を載せました
 本日付でアルジャジーラの英語ウェブ版オピニオン・ページに、「揺れる日本の平和主義」 (Quakes in Japan's pacifism)と題して、安倍首相による解釈改憲の動き、日本の軍事化とナショナリズム、東アジアの緊張、平和運動の課題等について概括した文章(同僚のセリーヌ・ナオリとの共著)が掲載されました。ご笑覧いただき、日本の状況を対外的に広める目的でご活用いただければ有り難いです。  文章の中には国内では世論調査で過半数が解釈改憲に反対していること、与党の中にも根強い反対があること... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/30 23:39
PARCの講演会(浜矩子さん)「いのちの危機にNO!」で集団的自衛権問題について発言します
 来る5月26日(月)19:00〜東京・お茶の水の連合会館にて、アジア太平洋資料センター(PARC)の主催による講演会「いのちの危機にNO!―地球経済を破壊するネオリベラリズム」が開かれます。経済学者の浜矩子さんによる特別講演に引き続き、さまざまな運動の現場からの発言ということで、私は集団的自衛権問題について発言をさせていただきます。会合の詳細はこちらから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/17 17:48
集団的自衛権「反対派は安全保障を語らない」と言われるようなので、語ります
 NHKスペシャル「集団的自衛権を問う」を見ました。賛否拮抗という感じでしたね。寄せられたツイッター等の意見の中では「反対派は、じゃあ日本の安全保障をどうするのか具体的に語れ」という声が多かったように思います。なので、集団的自衛権断固反対派の一人として、語りたいと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 1 / コメント 3

2014/05/17 00:17
集団的自衛権をめぐる安倍晋三の茶番劇−「行使容認」記者会見に対する最初のコメントを書きます
 昨日の安保法制懇の報告書提出、そして「集団的自衛権の行使容認」への意欲を発表する安倍首相の記者会見を受け、言いたいことは山ほど(ヒマラヤほど)ありますが、とりあえず、ツイッターに書き殴った文章を以下に掲載します。まだまだ発言します。集団的自衛権の行使容認は憲法9条の死を意味します。断じて認められません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/05/16 13:48
集団的自衛権の行使容認に反対します。それは憲法9条の死文化を意味します。解釈改憲を許してはなりません
 日本国憲法9条は、次のように宣言しています。  「1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」  「2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」  戦争を放棄する。紛争解決の手段として武力を行使しない。これが9条の基本であり、そのことが9条1項に書いてあります。  9条2項は軍隊の不保持について書いてあり、... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/09 13:51
「武器からひとへ 〜”安全保障費”を問い直す」の様子が報道されています
 4月14日に参議院議員会館で開催したシンポジウム「武器からひとへ 〜“安全保障費”を問い直す」の様子が報道されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/20 22:09
東京新聞 安倍首相お気に入り 「積極的平和主義」とは 戦争したい側の"常套句"
 本日10月18日の東京新聞「こちら特報部」面に、「安倍首相お気に入り 『積極的平和主義』とは 戦争したい側の"常套句"」というタイトルの記事が出ています。前田哲男さん、浅井基文さんのコメントと並んで、私のコメントも紹介されています。私は、侵略をするぞといって戦争を開始する国などなく、ほとんどすべての戦争は実際には「平和のため」として開始されているということをコメントで指摘しました。  例をあげれば、2003年のイラク戦争を開始するときの、ブッシュ大統領の演説。「わが市民の皆さん、わが国および... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/18 12:08
「9条世界会議・関西2013」が開かれます。大阪でお会いしましょう
 来る10月13〜14日、「9条世界会議・関西2013」が開催されます。初日(13日)は関西大学での「国際会議」、2日目(14日)は大阪市中央体育館での「世界会議」です。(プログラム・詳細はこちら)私は、初日「国際会議」で第一分科会「戦争のない世界へ」のコーディネーターをします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/09 07:37
集団的自衛権の行使容認の動きに対する私のコメントが今朝の朝日新聞に掲載されました
 昨日、安倍首相の私的諮問機関「安保法制懇」が集団的自衛権の行使容認に向けて活動を再開しました。この問題に焦点を当てた特集記事が本日の朝日新聞の3面に載っています。その中の識者コメントの一つに、私のコメントも紹介されました。コメントは、アジア諸国には「日本が再び軍事大国になってしまうのか」という警戒の声があること、「軍事力ではなく、問題解決のための外交力こそを日本は身につけるべきだ」とするものです。  こちらもご覧下さい。 http://www.peaceboat.org/media/arc... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/18 07:43
「世界は、すでに9条を選び始めている」−マガジン9のインタビュー、その2も出ています
 憲法と社会問題を考えるオピニオンウェブマガジン「マガジン9」のインタビュー記事、「その2」も出ています。「この人に聞きたい 川崎哲さんに聞いた 世界は、すでに9条を選び始めている」(その1はこちら) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/08 09:08
「日本の平和憲法改定は世界の懸念」−コモン・ドリームズに英字の論説記事が載りました
 世界で幅広く読まれている英語の独立系インターネットメディア「コモン・ドリームズ」に、2013年7月21日、私とピースボート・スタッフのセリーヌ・ナオリの共著による論説記事「日本の平和憲法改定は世界の懸念」(Revision of Japan’s Peace Constitution – A Matter of Global Concern)が掲載されました(全文はこちら)。日本の平和憲法の歴史的また今日的意義を解説し、安倍政権による改憲の動きに警鐘を鳴らし、グローバル9条キャンペー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/02 11:48
「マガジン9」のインタビュー記事で、憲法9条の今日的な意義と世界的価値についてお話ししました
 憲法と社会問題を考えるオピニオンウェブマガジン「マガジン9」のインタビュー記事で、憲法9条の今日的な意義と世界的価値についてお話をしました。2回連続です。【その1】「この人に聞きたい 川崎哲さんに聞いた 9条改定は、『戦争放棄を放棄すること』」  【その2】「この人に聞きたい 川崎哲さんに聞いた 世界は、すでに9条を選び始めている」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/30 12:59
平和憲法を応援しよう!国際オンライン署名にご協力をお願いします
 グローバル9条キャンペーンは本日、日本の安倍首相に対して日本国憲法の平和条項を改定しないよう求める国際オンライン署名を開始しました。  こちらをクリックして署名を行ってください(↓)。「Sign」を押してください。1分もかかりません。 http://www.change.org/petitions/prime-minister-shinzo-abe-save-japan-s-peace-constitution ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/08 09:43
『これからどうする 未来のつくり方』(岩波書店)のご案内
 岩波書店編集部の編による650ページ強の新刊『これからどうする 未来のつくり方』が6月12日に発売になります。政治、経済、国際関係、社会、教育、科学、技術、文化、芸術、メディアなど各界228名が「何をすべきか 真剣に提案!」している一冊です。1900円+税。  目次を簡単に紹介すると、以下の通りです。私は「憲法9条を世界で生かすことは可能だ」と題する文章を寄せています。詳しくはこちらをご覧下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/06/09 15:10
本日「映画日本国憲法」上映会(10:30〜)でお話しします
 「映画日本国憲法」(ジャン・ユンカーマン監督、2005年シグロ)の上映がポレポレ東中野で続いています。本日5月12日(日)は10:30から映画上映、その終了後、劇場イベントとしてお話をさせていただきます。上映会は毎日午前10:30から。5月24日(金)まで。一般1500円。詳しくはこちらをご覧下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/12 08:58
憲法記念日おめでとうございます。「9条いいね!世界からの声」始めました。日本中に広めてください
 おはようございます。憲法記念日おめでとうございます。グローバル9条キャンペーンでは、世界中から日本の憲法9条を応援する声を集め、「9条いいね!世界からの声」というウェブサイトを通じて皆さまにお届けしていきます。英語へのリンクもあります。 http://support-article9.net/ ★シェアして、Likeして、転送して、拡散してください。 ★メッセージが連日たくさん届いており「ブログの運営」「翻訳」を手伝ってくださるボランティアを急募しています。 ★手伝ってくださる方、ご意... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/03 10:54
チュニスの世界社会フォーラムで、ピースボートは憲法9条・国際ワークショップを開きます(3月27日)
 3月26日〜30日にチュニスで開催される世界社会フォーラム(WSF)にてピースボートは日本国際法律家協会と共に憲法9条に関するワークショップを開催します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/03/26 00:07
憲法9条をぶちこわして軍拡に走る安倍路線にSTOP!を言わないと。1・28院内集会で発言します
 誰も望んではいないのに、「改憲して国防軍」なんていうとんでもない主張の安倍自民党が政権をとってしまいました。さっそく防衛大綱を改定して、軍事費や自衛隊の増強を行おうとしています。すでに経済対策と称して、巨額の軍事費が補正予算に盛り込まれました。「コンクリートから人へ」を「人からコンクリートへ」にひっくり返し、さらには「コンクリートから鉄砲までも」という路線です。  安倍政権はまた、集団的自衛権の行使を認めて日米防衛ガイドラインを変え、日本が本格的にアメリカと共同の軍事作戦に入れる態勢を作ろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/19 20:13
「平和への権利」東京集会に参加しました。平和を「人権」としてとらえるということ。「権利」意識について
 本日、明治大学で開催された「平和への権利」東京集会に参加しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/10 20:28
[2011.9] チュニジアで憲法9条を議論
 被団協新聞の連載コラム(非核水夫の海上通信)、9月号に以下の文章を寄せました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/05 18:49
岩波書店『世界』2月号に「危うい防衛論議」と題する拙論が掲載されました
 新年最初の更新になります。あけましておめでとうございます。昨日(1月8日)発売された岩波書店『世界』2月号に「危うい防衛論議 今こそ平和国家の理念を語れ」と題する拙論が掲載されましたのでご案内します。  先月閣議決定された新しい「防衛計画の大綱」をめぐり、とくに「武器輸出三原則等の見直し」論議に焦点を当てて、現政権の安保・防衛論議の危うさについて論じています。財界による武器輸出「解禁」論がはらむ問題点を、国際・国内の両面から批判的に論じました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/01/09 17:26
11月から12月にかけて長崎、埼玉、広島で講演します
 11月は行事の大変多い月で、私が講演をする機会もたくさんあります。以下、ご紹介します。 11月23日(火)長崎  13:30〜 長崎の追悼平和祈念館でシンポジウム「アジアの若者による平和ネットワーク構築の手法について」にパネリストとして参加します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/21 11:45
広島でノーベル平和賞サミットに参加しました
 11月12〜14日、広島にてノーベル平和賞受賞者サミット「ヒロシマの遺産:核兵器のない世界」に参加しました。いろいろな報道がなされていると思いますが、私が印象に残ったことをメモします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/14 23:48
10月9日、「やっぱ9条inヨコスカ」で話します
 来る10月9日(土)、「9条の会かながわ」などが主催する1日がかりの大イベント「やっぱ9条inヨコスカ 〜基地の街で平和を考える」の分科会で話します。11:00から澤地久枝さん、アーサー・ビナードさんが講演され、そのあと14:00から分科会に分かれます。分科会の一つに「私たちは9条、世界はどうだ?〜世界に、私たちの9 条はどう拡がり、平和を求める運動はどう影響を与えているのか?〜」と題するものがあり、ここで、笹本潤さん(日本国際法律家協会)と土井香苗さん(ヒューマンライツウォッチ)の両弁護士と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/07 05:10
[2010.3] 核削減を何で補う?
被団協新聞の連載コラム(非核水夫の海上通信)、3月号に以下の文章を寄せました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/16 20:00
8月15日の北海道新聞の社説
 北海道新聞の8月15日の社説「終戦記念日 平和の道を踏み固めたい」に、昨年5月の9条世界会議が紹介され、私のコメントが引用されました。次のようになっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/19 00:30
コスタリカで憲法9条&12条会議を開きました
 去る7月16日、コスタリカのプンタレナス港に寄港したピースボート(オセアニック号)の船上で、「平和憲法をいかして、地球の軍縮をすすめよう!憲法9条&12条会議」を開催しました。ピースボート、日本国際法律家協会、国際反核法律家協会(IALANA)ラテンアメリカ支部、グローバル9条キャンペーンが共催したものです。そのときの写真を何点かご紹介します。下の写真で私の左にいるのが、この会議の成功に尽力したカルロス・バルガスさん(コスタリカ大学法学部、IALANA副会長)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/08/02 15:30
5月20日(水)「貧困と9条」 (Loft Plus One)
早いもので、9条世界会議(2008年5月4〜6日)から1年が経ちました。 この機会に、5月20日(水)夜、新宿・歌舞伎町のLoft Plus One(ロフトプラスワン)で、「貧困と9条」というタイトルで、以下のようなトークライブをおこないます。 森達也さん、香山リカさん、高遠菜穂子さんとともに、私も参加します。どうぞお集まり下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/01 17:47
8月16日(土)、平和のための戦争展(新宿)で話します
来る8月14日(木)から16日(土)にかけて「平和のための戦争展2008」が新宿/代々木のスペースゼロにて開催されます。その最終日、8月16日(土)午後2:30から「特別企画」として「憲法9条を世界へ、世界から 『9条世界会議』の成果」と題して講話をします。9条世界会議のビデオ上映などを含むトークです。お近くの方はぜひ足を運んでください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/12 19:42
JanJanに「G8、9条と軍縮」インタビュー
インターネットのJanJanニュースに、「G8、9条と軍縮」というテーマでのインタビュー記事が載りました。 5月の9条世界会議、7月のG8と続いた国際活動の中で考えていることを話しました。 どうぞご参照ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/11 22:15
広島の国際シンポジウムで話しました
本日、広島の国際シンポジウム「広島からの核兵器廃絶提言--みんなの力で2010年NPT会議を動かそう」(主催:中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター、広島市立大学広島平和研究所)にパネリストとして参加しました。 元国連事務次長(軍縮担当)で現パグウォッシュ会議議長のジャヤンタ・ダナパラさんと、反核運動の世界的な重鎮である英アクロニム研究所所長のレベッカ・ジョンソンさんのお二人が基調講演をなさいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/02 18:54
日弁連憲法委員会で講演しました
本日午後、霞ヶ関の弁護士会館で、日弁連憲法委員会の会合があり、9条世界会議の報告と世界のNGOがどのような観点から9条を評価しているか、9条をどのように世界で生かすべきかについての講演をしました。 グローバルには、次の3点の意義があったと語るようにしています。 1.紛争の予防/平和的解決 2.資源を軍事から人間へ 3.平和に生きる権利 さらに、アジアに平和メカニズムを構築するということについても、具体的な課題が多々あると思います。 (写真は、9条世界会議に集まった人たちの写真です。み... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 26 / コメント 0

2008/07/23 23:46
東アジアに非軍事の秩序を構築する
昨日のソウル会議「再び読む憲法と平和国家づくり」にて私が発表した原稿を紹介します。 韓国では今日が憲法記念日だということで、それを記念しつつ、日本の9条運動と韓国における「平和国家」の議論を重ね合わせた非常に意義深い会議でした。会議の写真を何点かつけます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/17 01:17
韓国で9条世界会議をフォローアップする会議が開かれます
いまソウルに来ています。明日、こちらソウル市庁舎隣の国家人権委員会にて、9条世界会議の成果をフォローアップする会議「日韓国際会議:再び読む憲法と平和国家作り」が開催されます。私は、許すな憲法改悪市民連絡会の高田健さんと一緒に報告を行います。 韓国には、参与連帯など5つのNGOが中心となって平和憲法の問題に取り組むネットワークが形成されています。このネットワークが、先の9条世界会議に数十人の韓国代表団を組織してくれ、また、ここ韓国にて毎週連続講座で平和憲法や平和国家について世論に働きかける運動を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/15 23:10
8月2日、広島でシンポジウムに出ます
8月2日、中国新聞社と広島市立大学広島平和研究所が共催して核兵器廃絶に関するシンポジウムを行います。基調講演はジャヤンタ・ダナパラ・パグウォッシュ会議会長(元国連事務次長・軍縮担当)とレベッカ・ジョンソン・アクロニム研究所所長という豪華な顔ぶれです。私もパネル討論に参加させてもらい、憲法9条と核廃絶、日本市民の役割などを話す予定です。事前申込制となっています。ぜひどうぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/15 07:12
「法学セミナー」8月号
日本評論社『法学セミナー』8月号の巻頭ページ、「現代の人権」コラムのところに、「9条と平和に生きる権利」と題して、9条世界会議の報告を書きました。元米兵のエイダン・デルガドさん、元イラク兵のカーシム・トゥルキさん、作家の雨宮処凜さんのお話などを引用しながら、日本の9条がいま、世界で「平和に生きる権利」の文脈で再認識され始めているということを書きました。(写真はカーシム(左)とエイダン(右)。(C)Stacy Hughes, Peace Boat) 日本評論社、法学セミナーのページ▼ http... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/11 23:30
岩波「世界」8月号はG8特集
本日発売となった岩波書店「世界」8月号は、G8特集です。G8サミットNGOフォーラムから各ユニットごとに提言概要を掲載しています。私も「人権平和ユニット」を代表する立場で文章を寄せていますので、ご覧ください。 (なお、写真は昨晩札幌で行われたワークショップ「G8に9条を!・・・9条世界会議の報告&ディスカッション」です。本日はこれから同市内コンベンションセンターで人権平和ユニットのパネル討論が開催され、私も発言します。) こちら北海道の様子は引き続きピースボートのG8ブログにアップしています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/08 09:04
G8に9条を!7月7日夜、札幌で9条世界会議の報告&これからをディスカッションします
G8サミット 市民フォーラム北海道企画 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/05 00:50
7月7〜8日、札幌・市民サミットで9条世界会議の報告などやります
詳しいチラシなどは追って掲載しますが、7月6〜8日から札幌で「市民サミット2008」が開催され、私も参加します。グローバル9条キャンペーン/ピースボートは7月7日(月)夜7時から札幌エルプラザ環境研修室にて「世界は9条をえらびはじめた」と題して9条世界会議の報告(ビデオ上映あり)やその意義を語りあいます。 また、翌8日(火)午前10時からはG8NGOフォーラム人権平和ユニットとしてのイベント「誰だって平和に生きたい」をやります。詳しくはこちら▼ http://kitay-hokkaido.n... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/26 00:06
ノーベル女性の会のホームページに9条世界会議が登場しました
マイレッド・マグワイア、ワンガリ・マータイ、ジョディ・ウィリアムズらノーベル平和賞を受賞した女性たちの団体「ノーベル女性イニシアティブ(NWI)」のホームページに、9条世界会議の報告が載りました! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 0

2008/06/22 19:43
福田首相に会い、直接メッセージを伝えました
昨日(18日)午後、G8NGOフォーラムおよび国際NGOの代表団の一員として、G8に関する日本政府の姿勢に関して話し合うために、首相官邸の福田首相を訪ねました。東北地震の被災地を訪ねた直後の首相と、15人で1時間30分にわたって話し合いをもちました。 北海道新聞に、少し報道されています。▼ 「温室ガス削減、目標合意を」 NGO代表が福田首相と面会 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/summit/99693.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/19 01:13
UR賃貸住宅の広告
いきなりこんな話で恐縮ですが、UR賃貸住宅の広告に感銘を受けました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/17 00:48
武装暴力と開発に関するジュネーブ宣言(2006)
 9条世界会議が開催されていたのとまさに同時期の5月8〜9日、タイのバンコクで「武装暴力と開発に関するジュネーブ宣言」に関するアジア太平洋会議が開催されていました。  「武装暴力と開発に関するジュネーブ宣言」は、2006年6月にスイス政府および国連開発計画(UNDP)が中心となって開催した閣僚級会議において42カ国が採択した宣言です。武装暴力の削減と紛争予防の取り組みを、国家的・地域的・国際的に統合させると共に、人道支援や危機管理と結びつけることを呼びかけています。その背景には、2005年の国... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/14 01:15
9条世界会議終わりました / 岩波「世界」--対北政策の転換を
おかげさまで9条世界会議は成功裏に終わりました。 幕張に2万人、全国で3万人以上が集まりました。 日本社会のもつ「9条の底力」が爆発的に発揮されたということ、 そして、グローバルな非軍事化運動の新たな扉を開いたということの 2つの歴史的な成果を上げたと思います。 詳しくは、9条世界会議のホームページをご覧ください。 http://whynot9.jp 予想外の人々の参加により、多くの方が会場に入れないなど多大なご迷惑をおかけしてしまいました。 これらの皆さまには、心よりお詫び申し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/09 02:39
ついに今日から9条世界会議です
世界会議の直前、やはり忙しすぎて何も書けませんでしたが、すでに海外ゲストが150名到着し、先ほどまで盛大なレセプションをやっていました。明朝から本番です。少しでも関心のある方、だまされたと思って足を運んでください。 http://whynot9.jp ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 0

2008/05/04 00:49
「世界」5月号に9条世界会議の特集
昨日発売の岩波書店『世界』5月号に、9条世界会議を特集する記事が載りました。基調講演者のマイレッド・マグワイアさん(写真)をはじめとする9条世界会議参加ゲストや、ノーベル平和賞受賞者のジョディ・ウィリアムズさん、ワンガリ・マータイさんらといった国際賛同人のインタビュー記事が載っています。同誌の連載「9条の世界的意味を探る」の最終回です。 どうぞ、9条世界会議の事前広報とあわせて、広めてください。 http://www.iwanami.co.jp/sekai/index.html ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/04/09 01:28
いよいよ「9条世界会議」開催
法学館憲法研究所の「今週の一言」に、「いよいよ“9条世界会議”開催 幕張から9条を世界へ」という文章を寄せました。世界会議のプログラムや最新の準備状況も盛り込んでいます。 どうぞご覧ください。 http://www.jicl.jp/hitokoto/index.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/09 01:24
9条世界会議、チケット申込はお早めに!
9条世界会議のチケットが全国のローソンで購入できるようになりました。会議の最新プログラムは、以下のURLからダウンロードできます。チケット申込、「火垂るの墓」の特別試写会、宿泊の申込、いずれも限りがあるのでお早めにどうぞ。 http://www.whynot9.jp/doc/flyer_back_mono_04Apr.pdf ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/05 22:24
「憲法9条、世界遺産に登録」(エイプリル・フール)
昨日、エイプリル・フールにちなみ、9条世界会議のボランティアの皆さんが、「憲法9条、世界遺産に登録」という号外を全国各地で配布し、話題を呼びました。掲載紙を紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/02 08:07
高遠さんとのトークイベントが毎日新聞に載りました
3月29日に渋谷の映画館UPLINKで開かれた高遠菜穂子さんとのトークイベント「武力で平和は作れない」(映画『カルラのリスト』DVD発売記念)の様子が、毎日新聞(都内版)に掲載されました。 こちらからどうぞ▼ http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20080330ddlk13040222000c.html トークイベント:「武力によらない平和を」−−高遠さんら渋谷で /東京 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/31 01:24
4月10日(木)、大阪で9条世界会議のプレイベントに出ます
9条世界会議に向けて、大阪もかなり盛り上がってきているようです。写真は、9条世界会議の関西実行委員会の目玉グッズ「9条世界会議茶」。これがかなりの人気だそうです。 さて、来る4月10日(木)、9条世界会議・関西のプレイベントとして、大阪で講演します。詳細は下記の通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/23 19:13
3月29日(土)、UPLINKで高遠菜穂子さんとトークします
来る3月29日(土)、渋谷の映画館UPLINKにて、映画『カルラのリスト』DVD発売記念イベントで、高遠菜穂子さんとトークします。 戦争犯罪や人道に対する罪に対する国際刑事裁判をテーマにした映画『カルラのリスト』。この映画を見て、「武力によらない平和」をテーマに高遠さんと私がトークするというものです。 5月の9条世界会議のプレイベントでもあります。参加には事前予約が必要です。詳しくは、下記。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/23 19:06
9条世界会議のチケット販売中です(4/1からはローソンで)
9条世界会議は、UAさん、加藤登紀子さんらの音楽イベントが決まり、チケットを好評発売中です。4月1日からは全国のローソンでチケットが買えるようになります。最新の会議情報を以下にご紹介します。(写真は、2006年6月のバンクーバーでの世界平和フォーラムの様子です。幕張メッセが、こんな感じの雰囲気になるのではないかと思います。) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 6

2008/03/20 17:51
9条世界会議の概要
9条世界会議のプログラムを含めた概要をご紹介します。以下、転送・転載歓迎です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/03/01 23:48
9条世界会議の記者会見を行いました
昨日、9条世界会議の記者会見を行いました。呼びかけ人から、吉岡達也、池田香代子、新倉修、香山リカ、ジャン・ユンカーマン、ダグラス・ラミス、星川淳その他大勢の方々にご出席いただきました。海外ゲストの多くが決まったほか、UA、加藤登紀子、FUNKISTをはじめアーティストについても発表しました。すでにいくつかのメディアに報じられていますので、リンクを紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 00:48
「平和協力国家」と言うけれど / 3月3日、国連改革パブリックフォーラム
昨日、G8サミットNGOフォーラムと外務省の対話集会が開かれました。私は、NGOフォーラムの人権平和ユニットのリーダーとして、核軍縮や紛争予防・平和構築、そして人権に配慮したG8開催を求めるという提言を発表しました。G8シェルパをつとめる外務省の河野審議官はこれに対して、「日本は“平和協力国家”」という福田首相のダボス会議(2008年1月)の演説をあげ、平和構築などの分野で存在感を示していきたいという発言をされていました。(写真で発言しているのが河野審議官) ◆ダボス会議での福田首相の演説... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/20 23:56
JANJANにイマジン9が紹介されました
インターネット新聞JANJANの「今週の本棚」という書評欄に『イマジン9』と私のインタビュー記事が掲載されました。ご一読下さい▼ http://www.book.janjan.jp/0802/0802150871/1.php また、1月25〜26日の東京外国語大学の紛争予防・平和構築国際シンポジウムでの発言等は、以下のサイトで読むことができます▼ http://www.tufs.ac.jp/common/pg/pcs/gp/event/s3.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/19 23:37
2月22日、9条世界会議の概要を発表する記者会見やります
来る2月22日(金)12時30分から、9条世界会議の概要を発表する記者会見をアイビーホール青学会館にて開催します。香山リカ、高遠菜穂子、池田香代子、ジャン・ユンカーマン、ダグラス・ラミスなどの各氏が登場します。ぜひご注目下さい。以下が、会見の概要です。 (写真は昨年10月の会見風景。ボランティアの皆さんと) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/18 00:30
2月16日、9条世界会議プレ・シンポなどなど
来る2月16日(土)午後6時から日本青年館にて開催される「9条世界会議協賛企画シンポジウム=9条を世界へ 世界から」にコーディネーターとして参加します(主催:許すな!憲法改悪市民連絡会)。ジャン・ユンカーマン(映画監督)、朴慶南(作家、エッセイスト)、アーサー・ビナード(詩人)のお3人(いずれも9条世界会議の呼びかけ人)をパネリストとして、世界からみた憲法9条、そして5月の9条世界会議の意義について語り合います。 詳しくはこちら▼ http://www.annie.ne.jp/~kenpou... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 13:14
東京外国語大学の平和構築シンポで発言しました
1月25〜26日に東京外国語大学の平和構築・紛争予防講座(PCS)が主催した国際シンポジウム「平和構築・紛争予防に向けて新なるアプローチを探る」にパネリストとして参加しました。私が参加したセッションは、伊勢崎賢治さんの司会のもと、「平和コミュニケーション」をテーマとするもので、報告者は私のほか、伊藤剛さん(ジェネレーション・タイムズ)、マエキタミヤコさんでした。 セッション全体のテーマは平和のメッセージをいかにアウトリーチするかということでした。私はGPPAC、グローバル9条キャンペーンそして... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/02/11 10:49
イマジン9、おかげさまで好評です
絵本『イマジン9 想像してごらん、戦争のない世界を。』(文:星川淳・川崎哲、絵:成瀬政博、合同出版、税込1000円)が、宮沢りえさんの素敵な帯メッセージのおかげもあり、好評です。 新宿南口の紀伊国屋では、店員さんがポップを付けてくれていました。ポップには「5月に9条世界会議が幕張メッセで開催されています」の言葉も。この絵本を手に取った人が、9条世界会議に足を運んでくれるとよいのですが。9条世界会議はチケット発売間近です。ウェブサイトに(http://whynot9.jp)ご注目下さいね。 ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 10:22
渋谷FMに出演します(2月20日、27日 24:00〜)
2月20日(水)と27日(水)の2回にわたり、 渋谷FM(SHIBUYA-FM) 78.4Mhzの 24:00〜25:00「4GlobalPe@ce 」という番組のなかの、 LIVE TOGETHERというコーナー(約40分間/回)に出演します。 パーソナリティーは内山隆さん。 9条世界会議のことなどを話します。 聴ける人はあまり多くないと思いますが、チャンスがあれば、ぜひどうぞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 10:07
絵本「イマジン9」を宮沢りえさんが推薦してくださいました
先に紹介した絵本『イマジン9 想像してごらん、戦争のない世界を』(合同出版)の帯の推薦文を、宮沢りえさんが寄せてくださることになりました!ありがたいことです。宮沢さんのメッセージと写真入りの帯を付けた形で、一般の書店には12月17日頃にはならび始める予定です。あらためて、注文はこちらへ▼ http://shop.whynot9.jp/shopdetail/008000000003/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 00:50
絵本「イマジン9」など
このところまた極端に忙しくなってしまい、2カ月以上更新ができないでいました。来年5月の「9条世界会議」への準備が本格化してきたからです。そんななか、このたび合同出版から『イマジン9 〜想像してごらん、戦争のない世界を』という絵本を出版する運びになりました(文:星川淳・川崎哲、絵:成瀬政博、税込1000円)。「9条世界会議」(http://whynot9.jp)のキャラクター「きゅうと」くんが、戦争のない世界を9つのイメージで描いていく、小さな絵本です。 戦争のない世界へのイメージ、そこに行き着... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/03 00:41
『5大陸20人が語り尽くす憲法9条』(かもがわ出版)
 先にご紹介した『大量破壊兵器 廃絶のための60の提言』(岩波書店)とほぼ同じ時期に書店にならび始めたもう一冊の本があります。『戦争のない世界へ−−5大陸20人が語り尽くす憲法9条』(かもがわ出版、1900円)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/20 00:33
J-WaveのJam the Worldで「核はなぜ無くならないのか」をしゃべりました
今日、午後9時頃だいたい20分間くらい、J-WaveのJam the Worldで「しょうがないではすまされない!原爆2007」特集の最終回として、「なぜ核兵器は無くならないのか」をテーマに生出演で話す機会を得ました。 「核兵器を持っていい国」と「悪い国」があるような国際関係はよくないということ、武力によらないで平和をつくるというような新しい安全保障観が必要だ、ということを強調したかったですが、どこまで話せたものか。自分ではうまく評価できません。 いろいろ話したいことはあって、準備していたの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/10 23:37
岩波「世界」で9条世界会議に向けた連載が始まりました。
 昨日(8月8日)発売の岩波書店「世界」9月号に、 9条の世界的意味を探る 第1回――私たちにとって「9条」とは何か 品川正治 (経済同友会終身幹事)、ジャン・ユンカーマン (映画監督) 川崎 哲 (ピースボート、司会) http://www.iwanami.co.jp/sekai/index.html という対談記事が出ています。  来年5月の9条世界会議に向けた連載です。  9条世界会議の呼びかけ人のお2人(品川さん、ユンカーマンさん)が、9条の世界的意義を大いに語り合った... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/09 08:08
『戦争をしない国 日本−−憲法と共に歩む』 (花伝社)
『戦争をしない国 日本−−憲法と共に歩む』 というブックレットが出版されました。 ●ドキュメンタリー映画「憲法と共に歩む」編 ●花伝社 発行 ●約90ページ ●800円+税 数多くの著者の中で私も寄稿しています。    「世界の中の憲法9条」川崎哲(ピースボート共同代表) この文章は、グローバル9条キャンペーンの背景と経過をコンパクトにまとめた もので、来年5月の「9条世界会議」に向けた基本的な考え方が記されています。 ぜひお手にとってお読み下さい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/07/04 00:20
ウィーン第4報:9条ワークショップ成功
 日本では今日が憲法記念日ですね。憲法集会などに参加の方も多いと思います。こちらウィーンでは先ほど「グローバル9条キャンペーン」のワークショップが成功裏に終わりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/03 06:58
ウィーン第3報:NGOプレゼン/日本政府の取り組み
 今日の午前中、NGOがNPT本会議場で3時間のプレゼンテーションを行いました。正確な報告は別途として、およそ18人が話しました。18人が話すのにマイクが3つしかなかったのでオーガナイズが大変だったとは、このNGOプレゼンのとりまとめ役をやってくれているジェニファーさん(婦人国際平和自由連盟「リーチング・クリティカル・ウィル」)。下がジャッキー・カバッソーさん。その下が被団協の田中事務局長(その左がヨーロッパ・ユース・ネットワークの方々)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/05/02 23:02
NPT会議でウィーンに来ています。第1報:日本政府の「軍縮教育」/明日は9条ワークショップ
 核不拡散条約(NPT)再検討準備委員会にNGOとして参加するためにウィーンに来ています。昨日着いたところでまだ会議場に行っていません。写真は宿泊先の近くのなんてことはない風景です。さて、昨日始まった会議は日本の天野大使が議長を務めています。各国の一般演説も、冒頭で日本が行い、関口政務官が演説しました。  演説は、長崎市長への弔意に始まり、NPTの重要性、国連総会第一委員会の重要性に触れた後、核軍縮に関しては@1995年の「原則と目標」および2000年の「13項目」軍縮措置、A包括的核実験禁止... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/05/01 16:05
『軍縮問題資料』4月号 本気で「9条を世界化」するために
 『軍縮問題資料』4月号(軍縮市民の会・軍縮研究室)に「連載特集 憲法と私\」として「本気で『9条を世界化』するために」と題する文章を寄せました。来年5月の「9条世界会議」構想が生まれてきた背景、世界規模の9条運動の意義、そしてそれに取り組む私自身の気持ちを整理して書きました。どうぞお手にとってご覧下さい。 http://www.heiwa.net/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/12 23:00
2008年5月「9条世界会議」
 2008年5月、「9条世界会議」という大規模な国際イベントを東京をはじめとする全国数カ所で開催します。  目的は、戦争を放棄し「武力によらずに平和をつくる」と定めた日本国憲法9条の考え方を世界の常識にするためのムーブメントを起こすことです。全国1万人規模をめざします。  すでにジョディ・ウィリアムズさん(地雷廃絶世界キャンペーン)の来日が決まっており、シリン・エバディさん(イラン)やワンガリ・マータイさん(ケニア)といったノーベル平和賞受賞者らが、この構想に大きな関心を寄せています。世界中... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 283 / コメント 1

2007/02/09 18:43
『現代思想』2月号に文章を寄せました
青土社『現代思想』2月号(1月27日発売)の「北朝鮮と向き合う」という特集に 「東北アジアの非核化と平和をめざして−構想と課題」という文章を寄せました。 http://www.seidosha.co.jp/ 米朝金融協議が開かれ、再開された6者協議の行方が注目される中で、日本がとるべき方向、また日本市民が自らのこととして考えるべき課題について、全般的にまとめたものです。どうぞお買い求めのうえお読みください。文章の骨子(小見出し)は以下の通りです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/29 08:00
「憲法9条はアフリカにこそ必要」
ナイロビの世界社会フォーラム(WSF)は、ちょうど今閉会式をやっているところです。会場近くのネットカフェで書いています。ピースボート(日本人、アメリカ人、コスタリカ人の3名で参加)では、2回にわたる9条に関するパネルディスカッションを開催し(計百数十名が参加)、日本の9条支持と9条の世界化を求める署名を行い700名の署名を得ました。 「9条は、紛争に苦しみ、武器売買の広がるアフリカにこそ必要だ」という力強い声がケニア、タンザニア、ウガンダなどの参加者から上がったのが、もっとも印象的でした。9条... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/25 21:50
ナイロビに来ています
いま、ケニア・ナイロビで開かれている「世界社会フォーラム(WSF)」に参加しています。 ネット環境があまりよくないので頻繁にはアップできませんが、会の様子を少しお伝えします。 こちらではピースボートとして国際法律家協会などと協力して「グローバル9条キャンペーン」を展開しています。「日本を憲法9条支持し世界に9条のような平和憲法を広めること」を求める署名に既に600名以上が名前を連ねてくれたほか(最初の2日間だけで)、昨日は9条に関するワークショップを開催。50人以上が参加し、日本、韓国、コス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

2007/01/23 14:31
ソウルで日本国平和憲法公布60周年を記念する韓日共同行動に参加しました
 11月3日は日本国平和憲法公布60周年。これを記念し、ソウルで韓日共同行動があり、参加しました。午前中は、日本大使館前で「9条改憲に反対すること」および「北朝鮮の核危機の平和的解決を求めること」を掲げて韓日市民約50名が記者会見を行いました。  午後は、「北朝鮮核実験以降の東北アジア平和のための日韓市民社会の役割」と題する討論会が開かれて、約70名が参加。私はパネリストの一人として"安倍政権誕生以降の日本と東北アジアの平和"という題を与えられて約40分間の発題を行いました。  このときの発... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/04 00:17
11.3ソウルでの韓日市民共同行動に行ってきます(声明賛同募集中、2日午後7時まで)
 11月3日、ソウルで、北朝鮮の核実験問題と日本の平和憲法の問題をセットにした アクション&シンポジウムがあり、参加します。  日本では、平和憲法公布60周年を記念して全国でさまざまな取り組みが が行われると思います。ご苦労様です。ソウルでは、主要な市民社 会団体が連合して「日本の平和憲法改悪反対と東北アジアの平和を求める」とい う趣旨の行動があります。「平和をつくる女性の会」や「平和ネットワーク」な どが中心となり、11月3日に向けて実行委員会をつくり、準備が進められてき ました... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/02 01:27
今だからこそ、9条!
「法学館憲法研究所」のホームページに「グローバル9条キャンペーン−−11.3「世界9条意見広告」を成功させよう」という記事を載せましたので、リンクをご紹介します。9条を世界に広めていくキャンペーンの意義と、11月3日に世界で同時に新聞意見広告を出す運動の紹介を載せました。とくに9条意見広告は、カンパを大々的に募集中です。ご協力お願いします。 http://www.jicl.jp/hitokoto/index.html こんな時期だからこそ、9条の理念と、9条の実践力が必要です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/12 15:34
問われる9条の実践力!
労働大学出版センター「まなぶ」10月号(憲法特集)に、「問われる9条の実践力!」という題で文章を書きました。全文を紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/10/03 10:40
安倍新政権発足に思う
 安倍晋三新政権が発足した。「新しい歴史教科書」の運動に熱心な“若手”の起用が目立つ。「改憲」を公然と掲げてきた安倍氏だが、9条の明文改憲よりも、戦後教育の根本的転換たる愛国心重視の「教育改革」を優先して行おうとしているような印象を受ける。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/28 00:47
9条意見広告(11.3に向けて)
 バンクーバーの世界平和フォーラム(WPF、6月 http://network.socialforum.jp/wpf2006/ )、国連広報局NGO会合(9月)でそれぞれ、日本の9条を世界の平和・軍縮・紛争予防・人間の安全保障のために活用していこうというワークショップを開催してきました。手応えは非常によいです。  例えば最近、国際女性平和自由連盟(WILPF)のフィラデルフィア支部から封筒が届き、中を開けたら「日本の9条を支持する。アメリカ政府は日本に9条改憲を迫ることを止めるように」と訴える... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/20 07:43
世界の中の憲法9条
このたび、ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」のホームページ http://www.filmkenpo.net/ に、「世界の中の憲法9条」という題で文章を寄せました。 http://www.filmkenpo.net/mirai/index.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/28 10:36

トップへ | みんなの「憲法9条」ブログ

川崎哲のブログ 憲法9条のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる