エネルギー選択肢についてのパブリック・コメントを私も提出しました。皆さんも出しましょう。あと24日!

 政府が、2030年の原発依存度を「ゼロ、15%、20~25%」の3択とし、それに対するパブリック・コメントを求めています。締切は今月末。これで来月、日本の原発政策、エネルギー政策が決められてしまいます。これが「国民的議論」なんてあまりに拙速だと思いますが、それでも政府が決めてしまう前に声を上げることが大切。私も本日、以下のようなパブリックコメントをホームページから送信しました。私のは長いですが、こんな論文調のものではなくて、もっともっと簡単な数行で構いません。ぜひあなたも今日、意見を提出しましょう。
 詳しくは、パブコメで未来を変えよう(http://publiccomment.wordpress.com/)をご覧下さい。私が出したものを以下に紹介します。

画像


エネルギー選択肢に関するパブリック・コメント

川崎哲
2012.7.8提出


概要
①原発ゼロ・シナリオを支持。省エネと自然エネルギー拡大は可能だ
②核燃料サイクルについても国民的議論に付せ
③いずれの選択肢でも再処理から撤退せよ。利用目的のない大量のプルトニウム備蓄は核拡散を助長する


1.原発ゼロ・シナリオを支持する
 3つの選択肢のうち、原発ゼロ・シナリオを支持する。東京電力福島第一原発事故がもたらした健康、環境、社会、経済への危害の甚大さに鑑みて、また、事故の検証過程で明らかになった原子力産業および行政のずさんな体制に鑑みて、これ以上原子力に頼っていくという将来展望は描けない。昨年の節電の成果に表れているとおり、日本社会は一丸となって節電、省エネ、エネルギー効率向上のために努力する準備はできている。自然エネルギーの拡大が地域主体の新しい雇用を生み出すことは、国連事務総長や国際再生エネルギー機関が報告しているとおりである。政府が主導して再生可能エネルギーの育成策をとれば、現在原発に依存している地域が雇用や経済を心配することなく、再生可能エネルギー基軸の経済・社会へと転換を図ることが可能である。

2.核燃料サイクルについても国民的議論に付すべきである

 使用済み燃料の処分のあり方の選択肢についても、国民的議論に付すべきである。原子力委員会における検討の結論は、原発ゼロを選択するのであれば全量直接処分であり、それ以外の選択肢においては再処理と直接処分の併存が適切であるというものであった。これは、従来の全量再処理からの転換を勧告したという点において、画期的な決定である。それにもかかわらず、政府の国家戦略室においては、原発ゼロ・シナリオにおいては全量直接処分とするものの、15シナリオまた20~25シナリオにおいては「再処理または直接処分」としているだけである。実際に何を選択するかは原発シナリオが決まってから政府が決めるという。全量再処理の復活もありうると受け止めざるを得ない。
 使用済み燃料のバックエンド対策は、原子力政策の中でもきわめて重要な核心部分である。この点について国民の意見を求めないというのは、政府の独善性を示しており、これでは何のために原子力委員会が議論してきたのか、何のための「国民的議論」か疑問であるといわざるを得ない。

3.原発依存度にかかわらず再処理政策から撤退すべきである

 仮に原発依存度がゼロ以外の選択肢になったとしても、全量直接処分政策をとることを支持する。再処理の技術上またコスト上の困難性については、既に原子力委員会の議論や各種報道で繰り返し指摘されているところである。それに加えて、世界的な核不拡散の観点を考える必要がある。
 日本は既に国内外に45トンもの分離プルトニウムを保有しており、これらの使用目的は国際的にまったく説明のつかない状態になっている。六ヶ所村の再処理施設を本格稼働させたならば、日本は年間で原爆1000個分にも相当する量のプルトニウムを増産していくことになる。それらが国際原子力機関の保障措置下に置かれるとしても、日本がこれだけの再処理を行えば、韓国、イランひいては北朝鮮などの諸国が「日本にその権利があるなら我々にも権利がある」として、同様の行動に走ることを妨げられない。核兵器に利用可能な核分裂性物質が増えることは、核拡散の危険性を高めるのみならず、核テロの脅威も高める。日本は被爆国として、核兵器廃絶と核不拡散を対外的に訴えてきた国であり、兵器用の核分裂性物質の生産禁止や透明性向上を提唱している。事実上破綻した核燃料サイクル構想にしがみつき再処理政策を継続しようとすることは、こうした日本の核廃絶努力に泥を塗る行為である。一刻も早い再処理からの撤退が必要である。
 当面の代替策については、乾式中間貯蔵などの具体案が出ており、政府はこれを真剣に検討すべきである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック