川崎哲のブログ(2006.7〜2018.3)

アクセスカウンタ

zoom RSS 集団的自衛権「反対派は安全保障を語らない」と言われるようなので、語ります

<<   作成日時 : 2014/05/17 00:17   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 1 / コメント 3

 NHKスペシャル「集団的自衛権を問う」を見ました。賛否拮抗という感じでしたね。寄せられたツイッター等の意見の中では「反対派は、じゃあ日本の安全保障をどうするのか具体的に語れ」という声が多かったように思います。なので、集団的自衛権断固反対派の一人として、語りたいと思います。
画像

 第一に、日本の安全保障にとって今もっとも大事な課題は、中国との衝突回避であると考えます。NHKスペシャルで柳澤協二氏は「抑止だけでなく危機管理を」と語っていましたが、中国と不測の事態に陥らないような危機管理が喫緊の課題であるといえるでしょう。安倍政権は、そのために何かしてきたでしょうか? いたずらに緊張を高めてきただけです。
 集団的自衛権行使容認への動きは、中国との対話拡大(そもそも安倍政権発足以来1年半近く首脳会談もできていないというのは異常事態であり危機ですらあるといえます)、信頼醸成、衝突回避に何らかのプラスとなるでしょうか? NO。正反対です。
 「中国の脅威があるから、集団的自衛権を容認しないと国が守れない」というような声も多いようですが、これは話の筋が違います。集団的自衛権とは、日本が直接攻撃されているわけではない状況下で、他国の戦争に参加していくという話です。中国からの国土防衛というような局面の話ではない。
 今の情勢下で日本が憲法解釈変更に踏み切れば、それが中国に対して発するメッセージは明らかです。緊張を高め、危機をさらに悪化させるだけです。結果、日本の安全をより危険な状態にさらしていくことになります。
 「日米同盟を強化することによって、中国に対する抑止力を確固たるものにするのだ」と考えている皆さんに問いたい。先月のオバマ来日を思い出してください。米国は確かに、尖閣諸島は日米安保の対象範囲だと述べました。しかしその前後には、日中がもうこれ以上緊張を高めないでくれという米国からの政治的メッセージがあちこちにちりばめられていたわけです。米国は何も、日本に対して一緒になって対中国圧力をかけていこうなどという誘いをしてきていません。

 第二に、北朝鮮の核問題があります。これに対しては、六者協議を再開させ、北朝鮮の非核化と、北東アジア非核兵器地帯に向かう交渉を進めていくことにより危機を緩和するというのが筋です。これは基本的に、軍縮のための政治交渉の話といえます。
 とはいえ北朝鮮の非核化が達成されるまでの間、日本が北朝鮮の核の危機にさらされるという現実があります。これに対して政府の立場は「核の脅威に対しては(日米安保に基づく)核抑止力で対応する」というものです。これは現状の日米安保体制を想定しており、集団的自衛権が登場してくる場面ではありません。北朝鮮の非核化を達成するために、集団的自衛権は何の役にも立ちません。

 第三に検討しなければならないのは、集団安全保障や国際平和協力活動をどうするかということでしょう。スーダンやシリアなど深刻な紛争、人権状況がある中で、日本はどうすべきか。国連の下での武器使用や武力の限定的行使の是非は。これは議論する価値ある難問です。
 しかしながら、これは集団安全保障の問題であって、日米同盟をどう強化するかといった集団的自衛権の話ではありません。現実には冷戦後、集団的自衛権の行使と集団安全保障の局面との境が見えにくくなってきています(イラク、アフガンなど)。
 日本が旗を立てるべきは、@「多国籍軍」的活動はしない、A国連の下での集団安全保障には一定の貢献をする、との前提に立ちつつ、Bその貢献における武器使用の範囲とルールについては(憲法9条の下で抑制的にとの前提で)真剣に議論しベストな方法を確立するという方向だと考えます。そこから先について私なりの意見はありますが、ここではこれ以上立ち入りません。

 以上、「反対派は安全保障を語らない」という批判を受けていますので、集団的自衛権断固反対派としての安全保障論を(簡潔ながら)書きました。

2014.5.17 川崎哲

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
米国との集団的自衛権で尖閣諸島は中国の所有へ
ネトウヨは何もしないので尖閣諸島は米軍に守ってもらうつもりです。普通の日本人とは考えが違います。まず第1に尖閣諸島がどうしても日本に必要ならば日本人が守るべきです。尖 ... ...続きを見る
普通の日本人がネトウヨを論破するブログ
2016/11/04 22:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
つまり、「反対派は、じゃあ日本の安全保障をどうするのか具体的に語れ」に対しての答えは、「話し合う」ということですか?
moja
2014/05/20 11:13
それ、今まで何十年も既にしてきたのでは?

結果、まだちゃんとできていないというなら、
もうそれ、できないってことでしょうが。
理由がこっちの能力がたりないだけだろうともなんだろうとも。
Julio
2014/07/11 09:06
すいません、はじめましてスペース御貸しいただければ(_ _)

自民党の西田昌司が「国民に主権がある事がおかしい」って言ったんですって

今のアメポチ自民党を表してるんでしょうね…

国民無視状態ですね
クルック
2015/09/18 21:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
集団的自衛権「反対派は安全保障を語らない」と言われるようなので、語ります 川崎哲のブログ(2006.7〜2018.3)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる