これならできる原発ゼロ! 市民がつくった脱原子力政策大綱

 原子力市民委員会が今年4月に発表した「脱原発政策大綱」の普及版が、宝島社より『これならできる原発ゼロ! 市民がつくった脱原子力政策大綱』という題名の書籍として販売されています。本体価格920円で、1000円でお釣りがくるものです。この政策大綱をつくるにあたっては、私も、原発輸出や核テロに関するところなどを担当させてもらいました。非常に分かりやすく、かつ、包括的に、これから日本が取っていくべき政策をまとめた一冊ですので、どうぞお買い求め下さい。詳しくはこちら
画像


[宝島社のホームページより]
書籍
これならできる原発ゼロ! 市民がつくった脱原子力政策大綱
著者:原子力市民委員会
いつまでたっても、放射能汚染危機がおさまらない福島原発!

原発に頼らず豊かで活力ある日本を実現する「原発ゼロ」に向けた道のりのすべてがここにある!

原子力市民委員会は、実効性のある脱原発へのロードマップをまとめ上げるため、多くの科学者、技術者、市民運動家が集まり、2013年4月に発足しました。2014年4月に「脱原子力政策大綱」を発表し、各分野の人々と討議をしつつ議論の「場」をつくっていくことが目的です。そこで、多くの人々に「脱原子力政策大綱」に関心を持ってもらい、読んでもらえるよう、委員会が書き下ろした「正式版」とは別に、図表を用いて、よりわかりやすく書かれた「普及版」としたのが本書です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック