核兵器禁止条約-来月からの交渉会議で成立へ

 ニューヨーク国連本部での核兵器禁止条約の交渉会議、第2ラウンドは6月15日に始まります。これに先立ち、会議の議長をつとめるコスタリカのホワイト大使は、議長としての条約案を来週初めにも提出する見通しです。交渉会議が順調に運べば、会期末の7月7日までに条約が成立することは十分に可能です。その後国連決議等を経て、今年の年末または来年初めに禁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デモクラシータイムスの「ウィークエンドニュース」に出演しました

 5月19日(金)、ニュース解説チャンネル「デモクラシータイムス」の「ウィークエンドニュース」に出演し、高瀬毅さんの司会のもと、ジャーナリストの田岡俊次さん、朝日新聞の尾形聡彦さんとともに今週のさまざまなニュースについてコメントをさせてもらいました。メインの話題は「トランプ大統領のロシア疑惑」でしたが、共謀罪、北朝鮮情勢、日印原子力協定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の「ミサイル発射」-電車を止める前に考えるべきこと

 北朝鮮のミサイル発射で日本国内の電車を止めるとか止めないとか言っているが、まず基本的なことを押さえたい。いま北朝鮮が行っていることは、ミサイルの実戦攻撃ではなくて、核を搭載したミサイルを発射する能力があることを誇示する実験(あるいは演習)だということだ。  もちろんミサイルそのものがどこかに着弾したら(陸地であれ船舶であれ)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

戦争は意外と簡単に起きてしまうかもしれないから(朝鮮半島情勢について考えること)

 先日から自分のFacebookやTwitterのプロフィール画像に「戦争反対」という文字を入れています。何でいまどきと思われるかもしれません。しかし、戦争というものは意外と簡単に起きてしまうかもしれません。現在の朝鮮半島情勢をみるにつけ、私は、そのような思いを強くしています。  約一カ月前、米軍が朝鮮半島に向けて空母を展開した頃、朝…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

核兵器禁止条約の制定へ-5月、さまざまな機会に講演させてもらいます

 核兵器禁止条約は、ついに、来る6月15日から7月7日の国連会議にて交渉され制定される見通しとなりました。日本の被爆者や世界中の核被害者の皆さん、そして、国内外の多くのNGOの仲間と力を合わせて、できる限り強力な条約ができるだけ早期に成立し発効するよう、働きかけを強めていきたいと思います。  5月は、この核兵器禁止条約の問題で、さまざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[2017.5] 武力の威嚇と行使

 被団協新聞の2017年5月号に寄せた連載コラム(非核水夫の海上通信)を紹介します。 武力の威嚇と行使  アサド政権が化学兵器を使用したとして米国はシリアにサイル攻撃を行った。国際法に完全に違反する行為だ。  国連憲章は2条で加盟国による武力の威嚇と行使を原則禁止している。その上で国連の集団的軍事行動と自衛権発動の場合を例外と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

核兵器禁止条約交渉 第一会期の関連報道

 核兵器禁止条約条約交渉会議の3月会期(3月27~31日)に関連して、以下のメディア報道でコメントなどを取り上げていただきました。(写真は、3月31日に核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)として、3月会期のまとめのサイドイベントを、メキシコ、アイルランド両政府また赤十字国際委員会の代表を招いて実施したときの様子です。) 毎日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核兵器禁止条約交渉会議、第一会期に参加しました

 ニューヨーク国連本部で開かれた核兵器禁止条約の交渉会議の第一会期(3月27~31日)に参加しました。交渉会議の直前には核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のキャンペーナー会議(下の写真)が開かれました。ここでは、さまざまな取り組み方針の議論を進めたほか、私は被爆者と核実験被害者らによるパネルの司会を行いました。  一週間にわた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

核兵器禁止条約交渉会議にピースボートの作業文書を提出しました

 ピースボートは4月17日付で、国連の核兵器禁止条約交渉会議に対して、「強力な核兵器禁止条約を求める」という内容の作業文書を提出しました。文書は国連のウェブサイトに掲載されており、こちらからダウンロードできます。  ピースボートの作業文書は、核兵器禁止条約の前文に核兵器の非人道性と"ヒバクシャ"への言及をすることを求めているほか、強力…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

核兵器禁止条約をつくり出す市民の力-ブックレット、レポートのご紹介

 核兵器禁止条約や核軍縮に関連して最近出されたブックレットやレポートをご紹介します。広島平和研究所ブックレットVol.3『戦後70年を超えて』(2017年2月刊)は、同研究所が中国新聞社等と2015年7月20日に開催した国際シンポジウムの講演録に基づくもので、私の章「核兵器の非人道性から核兵器禁止条約へ」は2010年から2016年末まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メルボルン大学とシドニー大学を訪ねました

 3月の第2週から3週にかけて、少し長めにオーストラリアを訪問する機会がありました。3月9日、メルボルン大学のアジア研究所で福島の原発事故から6年にあたっての講演をする機会をちょうだいし、福島の現状や日本の原発政策・核政策の現状についてお話をしてきました。そのときのプレゼンがこちら、ビデオは以下の通りです。 The End o…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[2017.4] 核兵器禁止条約とNPT

 被団協新聞の2017年4月号に寄せた連載コラム(非核水夫の海上通信)を紹介します。 核禁止条約とNPT  核兵器禁止条約を新たに作ることは現存の核不拡散条約(NPT)体制を脅かすものだとの批判がある。だがそれは言いがかりだ。  そもそも核兵器禁止条約は、NPT第6条の核軍縮の「効果的措置」として議論が始まったものだ。第6条は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」が出航しました

 去る4月12日(水)、第94回ピースボートが横浜を出航しました。この船には、3名の被爆者、2名の被曝二世、2名のユース特使が乗っています。2008年に始めた「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」プロジェクトが今回でついに第10回となりました。「市民の力で核兵器を禁止する-過ちをくり返さないために」をテーマに、各地で証言活動を進めながら、国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「人道的軍縮」:昨秋のピースボート地球大学特別プログラムの報告書ができました

 昨年10月、第92回ピースボートにおいて実施したピースボート地球大学・特別プログラム「人道的軍縮、国際法、国連~新たなアプローチへ~」(2016年10月、大西洋区間)の報告書ができました。こちらからご覧になれます。  プログラムをすべて英語で行う地球大学・特別プログラムを始めて3年目になりますが、このとき初めて欧米地域で開催し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[2017.3] 核で日本を防衛する?

 被団協新聞の2017年3月号に寄せた連載コラム(非核水夫の海上通信)を紹介します。 核で日本を防衛する?  トランプ政権初の日米首脳会談で、米側は日本を防衛する約束は「揺るぎない」と表明。日本政府は「安堵」したと報じられた。これまでの言動から、トランプ氏は日本防衛から手を引くのではないか心配されていたからだ。  両首脳の共同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核兵器禁止条約交渉がついに来週月曜日から始まります(ニューヨークに行ってきます)

 国連総会での核兵器禁止条約の交渉が、ついに来週月曜日からニューヨーク国連本部で始まります。これにNGOとして参加し、「なるべく強力な禁止条約を、なるべく早く」成立させるために、私も今からニューヨークに飛び、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に集う世界中の仲間たちと一緒に力を尽くしてまいりたいと思います。  まずは、日本が参加する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【3/22】核兵器禁止条約の交渉開始を前に「ヒバクシャ国際署名」一斉行動を行います

3月27日(月)からニューヨーク国連本部で核兵器禁止条約の交渉が始まります。それに先立ち来る3月22日(水)に「ヒバクシャ国際署名」の国内一斉行動が行われます。 東京では、 3月22日(水) 15時~ 渋谷ハチ公前街頭署名 17時~ 記者会見 (参議院議員会館B109) 18時~ 集会 (参議院議員会館B109) と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PARC自由学校2017で「安保法制と積極的平和主義」についてお話しします

 アジア太平洋資料センター(PARC)が開催している「PARC自由学校」の2017年度のプログラムで、「安保法制と積極的平和主義」をテーマにした講義を一度行います。「現代社会を知るための10のキーワード」というシリーズで、私が担当するのは11月1日(水)の夜です。タイトルは「積極的平和主義~実際には何をしようということなの?」。詳細…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ピースボートの福島子どもプロジェクト、今夏もやります。3/8は勉強会「南相馬のこどもたちの6年」

 6年前の3.11以来、ピースボートでは、原発被災地の子どもたちを船に招待し思いっきり遊び学んでもらう「福島子どもプロジェクト」を春休みや夏休みに実施してきました。南相馬の地元グループ「南相馬こどものつばさ」との出会いをえて、同団体とのパートナーシップのもとで毎年実施してきました。「子どもたちに夢と健康を」という目標を掲げて、微力ながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[2017.2] 核兵器禁止への反対論

 被団協新聞の2017年2月号に寄せた連載コラム(非核水夫の海上通信)を紹介します。 核兵器禁止への反対論  昨年末の国連軍縮長崎会議では、核保有国や日本など核の傘下国が核禁止条約への反対論を異口同音に唱えた。その主張は三点。第一に禁止条約はNPTに反する。第二に核兵器禁止は安全保障を軽視している。第三に核保有国の参加しない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more