核兵器禁止条約へ-埼玉のピースカレッジでお話しします【11/5】

 約1カ月間、船に乗ったりニューヨークに滞在したりと日本を離れていましたが、先週末に帰国しました。ニューヨーク国連本部では10月27日に核兵器禁止条約の交渉開始を定める歴史的な国連総会決議が採択されました。その場に居合わせることができたのは大変に幸せなことです。しかし、あろうことか日本政府がこの決議案に「反対」を投じ、大きな波紋を呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日18時過ぎから、NHKラジオ「先読み!夕方ニュース」に出演します-テーマは核廃絶と国連です

 本日NHKラジオ第1「先読み!夕方ニュース」で、午後6時過ぎから特集「日本 核兵器廃絶決議案を提出へ 今後の課題は?」が放送される予定で、私は電話で出演することになっています。昨日よりピースボートの「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」のプロジェクトの関係でロンドンに来ておりますが、当地より電話に生出演という予定です。現在の国連での核…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日からピースボートの船に戻り、イギリス、オランダ、アイスランドを周ってニューヨークに向かいます

 明日(10月2日)に東京を発ってロンドンに向かい、3日にティルベリーに入港する第92回ピースボート(航路等詳細はこちら)を迎えます。そしておりづるプロジェクト(第9回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」)に参加している被爆者やユースのメンバーらと合流し、証言活動や核廃絶へのアピール活動を進めていきます。10月5日にはオランダ・ハーグ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

安保法「成立」一年、反対運動の今後の課題についてインタビューに答えました

 9月19日の安保法「成立」一年にあたり、共同通信が昨年反対運動に取り組んでいた人たちの視点をまとめるという記事を作られ、その中で私もインタビューを受けました。私は、憲法解釈は変えられ、集団的自衛権は行使が可能となり、日本の自衛隊が活動できる範囲は危険なまでに拡大されてしまったとはいえ、反対運動の声の大きさやその過程で作られた法制度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核兵器廃絶国際デー:核兵器禁止条約を今こそ

 9月26日は、国連が定める「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」です。その前日、9月25日には核兵器廃絶日本NGO連絡会が国連広報センターとの共催により、記念イベント「変化する今、できること」を開催しました。シンガーソングライター中村里美さんの基調講演のあと、外務省の川崎審議官もまじえたパネルディスカッションを行いました。詳しくはこち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核兵器禁止条約プロセスが始まった-『広島ジャーナリスト』9月号に寄稿しました

 9月15日発行の『広島ジャーナリスト』第26号(日本ジャーナリスト会議広島支部)に、「核兵器禁止条約プロセスが始まった」と題する文章を寄稿しました。近年の核兵器の非人道性に関する国際的関心の高まりを背景に、今年の国連作業部会の動き、作業部会から国連総会への勧告、来月の国連総会以降予想される道筋等についてまとめました。関連で、オバマ政権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒバクシャ国際署名を進めています-核兵器禁止条約を求めて

 昨日9月26日は核兵器の全面的廃絶のための国際デー。これに合わせて、ヒバクシャ国際署名の署名活動が渋谷ハチ公前で展開され、私も参加しました。ヒバクシャ国際署名は、広島・長崎の原爆被爆者らが核兵器を禁止し廃絶する条約の締結を求めるアピールに対して世界中から賛同署名を募ろうというもので、今年3月に始まりました。7月にはこの署名を幅広く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メキシコで平和首長会議の国際フォーラムに参加しました

 9月20~21日、メキシコシティで開催された平和首長会議の国際フォーラムに参加しました。平和首長会議のリーダー都市の一つであるメキシコ市が中心となり、同会議のラテンアメリカ地域での活動を活発にすることを目的の一つとして、国際平和デー(9月21日)に開催されたものです。私は、長崎の被爆者でメキシコ在住の山下泰昭さんと共に招待され、参…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[2016.9] 核実験禁止 安保理決議の提案

 被団協新聞の2016年9月号に寄せた連載コラム(非核水夫の海上通信)を紹介します。 安保理決議の提案  オバマ政権が核実験禁止を求める国連安保理決議を提案する方針だという。96年に核実験を全面禁止したCTBTは未発効のままだ。米国と中国を含む8カ国が未批准だからである。オバマ氏は批准したいが議会が承認しない。米国がしないから中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「シンガポール戦犯裁判ウェブポータル」の立ち上げシンポジウムに参加しました

 先月船に乗ってピースボート「地球大学」や「おりづるプロジェクト」をスタートさせた様子については、お伝えしたいと思いつつなかなかできずに日が経っています。今日のところは、船を途中下船したシンガポールにて、8月29日にシンガポール国立大学(NUS)法学部で「シンガポール戦犯裁判ウェブポータル」立ち上げシンポジウムにパネリストとして参加…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

安保法「成立」一年にあたり、集団的自衛権問題研究会の代表として声明を出しました

 9月19日の安保関連法「成立」1年にあたり、集団的自衛権問題研究会の代表として以下の声明を発表しましたので、ご案内します。 成立から一年で問う 安保法制で「平和」は近づいたのか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核兵器廃絶国際デーを記念して、9月25日に国連大学でイベントを行います

 核兵器廃絶日本NGO連絡会では、来る9月25日(日)午後、国連広報センターとの共催の下、日本の国連加盟60周年と核兵器廃絶国際デーを記念する講演&パネルディスカッションの行事を行います。シンガソングライターの中村里美さんの基調講演の後、パネルディスカッションでは私もパネリストの一人として登壇します。外務省からは大臣のメッセージまた審議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「グローバル未来塾in ひろしま」で講義をさせてもらいました

 本日午後、広島市内で「グローバル未来塾 in ひろしま」の一環で、高校生約20名を対象に「核兵器廃絶に向けた市民の活動」というテーマで講義をさせてもらいました。グローバル未来塾というのは広島県の「国際平和拠点ひろしま構想」のもとでの事業の一つで、高校生を対象に、将来、国際平和を希求し世界的に活躍できる人材を目指すための、英語力や核…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オバマ大統領の広島訪問、核兵器禁止条約、核の先制不使用について毎日新聞等でコメントしました

 被爆71年の8月6・9日の時期から今月にかけて、核兵器問題についてマスコミ等でコメントをさせていただく機会が続きました。今年は、広島・長崎の恒例の記念日ということでは終わらず、秋の国連総会に向けた議論が活発に展開されています。国連では核兵器禁止条約に向けての動きが加速し、それに刺激されるように5月に広島を訪問したオバマ大統領が新たな核…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本平和学会「安保法制100の論点」の英語版(15の論点)が出ています

 昨年9月につくられた安保法制に対して日本平和学会では「安保法制100の論点」という形で、その問題点を包括的に論じる情報発信を行ってきました。このたびその英語版がつくられ、100の中でもとくに国際的な発信の必要性がある15の論点が選ばれ、「Fifteen Points of Concern on Japan's New National…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピースボート地球大学「特別プログラム」を進めています

 8月18日に横浜を出航した第92回ピースボートに乗り込み、台湾経由シンガポールまでの約10日間、地球大学「特別プログラム」を実施してきました。これは日本を含むアジア諸国の学生が共に英語で地球規模課題を学ぶプログラムで2014年から実施しており、今年はこのアジア区間で「人間の安全保障へ 課題の解決策を探る」をテーマに開催しました。日本の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞取材班による『ヒロシマに来た大統領』

 『ヒロシマに来た大統領』と題して、朝日新聞取材班が、今年5月のオバマ大統領の広島訪問をめぐるさまざまな動きや声をまとめた本を先月筑摩書房から出しています(こちら)。日頃お世話になっている被爆者の皆さんの声や先生方の論評も多数紹介されています。大統領広島訪問前後の記事をまとめた形式の本になっていて、訪問当日にNGOが広島で開催したシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本平和学会ニューズレター巻頭言「戦争と平和の線引き――改憲論と平和学者の課題」

 このたび日本平和学会のニューズレターの巻頭言を書かせていただく機会を得ましたので、「戦争と平和の線引き――改憲論と平和学者の課題」 と題する小文を寄せました。こちらからどうぞ(第22巻第2号 2016年8月20日)。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日から船に乗ってきます!

 本日(8月18日)から第92回ピースボート地球一周の船旅に乗ってきます。途中で降りて帰ってきて、また行きます。今回はいろいろなことをしますが、まずは出航記者会見で船体に描いた巨大「国連SDGsロゴ」をお披露目し、そして第9回となる「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」を被爆者・2世・ユースら計9名のチームで進め(是非ブログをご覧あれ)、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[2016.8] オバマ、最後の一手?

 被団協新聞の2016年8月号に寄せた連載コラム(非核水夫の海上通信)を紹介します。 オバマ、最後の一手?  オバマ政権が核の先制不使用政策を検討していると米紙が報じた。予断は許されないが、早ければ本コラム掲載前にも決定が下されるとの見方もある。先制不使用とは、核攻撃に対してのみ核を使うという役割限定政策だ。とても小さく不十分な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more